スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line

平成23年度定例会一般質問 三問目 (狛江市議会議員 無所属 辻村ともこ)

平成23年度定例会一般質問 三問目 (狛江市議会議員 無所属 辻村ともこ)

3.いじめ撲滅

では、通告に従い、最後に、いじめ撲滅について質問をさせて頂きます。
ここ数年狛江市の子供を持つ保護者の間でも大変多くの方が話題にし、危惧し、不安に思っていらっしゃいます、子供達の世界に蔓延する多種多様化、陰湿化する「現代のいじめ問題」について、御質問をさせて頂きます。

昔からありました「いじめ」が、「現代のいじめ」とよばれ、第一ピークと言われていますのが、数人の教師と、クラスのほぼ全員が追悼の言葉を書いて署名し、線香や花を供えた「葬式ごっこ」などのいじめを苦にして自殺した昭和61年東京・中野区の中学2年鹿川裕史くん事件あたりといわれています。
それから、25年以上経った今も、いじめはやむことなく、連日子供のいじめや殺傷、自殺の報道がなされています。先月26日には、熊本県で、13歳の後輩の身体にガソリンをかけ、なかなか引火しないので、殺虫剤のスプレーにライターの火を近付け、火炎放射のように被害者に噴射など、大人の世界では、すでに犯罪にあたる痛ましい事件が報告されており、非常に困惑し、想像しえない、したくないような「現代のいじめ」事件の数々であります。

 皆さまの中には、いじめは昔からあった、それを乗り越えて、人間は強くなるものだという方もすくなくありません。しかし、現代のいじめは、その内容も質も、昔のいじめとは全く違う様相を見せています。今日は、この、現代のいじめが日本全国に蔓延し、子供の人生を狂わせ、多くの悲劇や、子供の未来への「自信喪失」、「自尊心の欠落」を生み、そして、今、社会で問題となっています「不登校」や「ひきこもり」、「ニート」、「自殺」といった問題の引き金になってもいる事実を、事例を持って再確認したいと思います。

今この瞬間にも、全国で、狛江市で、沢山の子供達が、いじめによって、悩み、苦しみ、声なき声で、助けを求め、生活をしています。子供をどのように救済をしてゆくか、狛江市においての取り組みは、どのようにすべきなのか、子育て支援に先駆的な取り組みをする事は、「子育て一番の町狛江」がとるべき選択であるのではないでしょうか?
狛江市の未来の為にも、日本の未来の為にも、子供の明るい未来を守る為にも、今から御一緒に、しっかりと考えて頂き、御答弁をお願いできましたらと思います。


現代の陰険陰湿ないじめについて、まずは、いじめの代表的な種類を7つに分けて、御紹介いたします。
昔と今のいじめの違いを分けるポイントは、「限度の無い残忍性」と「継続性の増加」、「ゲーム・あそび感覚」です。「文部科学省」の調査データ類、いじめ対策全国組織「いじめから子供を守ろうネットワーク」などの研究データ等を参考に、まとめてみました。

いじめというと、つい、ドラえもんの中に出てくるジャイアンのようなガキ大将のイメージをもつ方も多かもしれません。
しかし、現在全国の学校に蔓延しています「現代のいじめ」は、大きく次のように分類されます。

第1に、「集団により無視」
第2に、「罵詈雑言」。集団で、一人の子供に「死ね」「うざい」「キモイ」「臭い」「バイキン」「ゴキブリ」などという言葉を浴びせ続けます。現代のゲームやテレビの影響もあるのでしょうが、昔と違うのが、子供達がこうしたきつい言葉をごく普通の日常語として使っており、周囲も鈍感になっている為、しっかりと止められず、増長します。

第3に、「盗む・隠す・嫌がらせ」

第4「暴行・傷害」

第5「恐喝」

第6「性的暴行」

第7 最後に現代のいじめと言えば「ネットいじめ」です。
最近急速に拡大しているのが、携帯電話によるネットいじめです。「学校裏サイト」では、子供やOBが情報を交換する為に掲示板を立ち上げ、匿名でターゲットの相手に、「氏ね」「氏ね」「氏ね」などと、検索に引っかからないよう死という字を「うじ(氏)」という陰語に変えて書き込み、誹謗中傷を書き込むものです。先日は、中学生の女子生徒が駐車場で裸にされるのを同級生男女5人が携帯電話の動画で取り、クラス全員に送った等、残忍な行為を加える事例が見られます。このような性的いじめを受けた本人は、大人に相談できず、自殺に追い込まれるケースもあります。

文部科学省は、2008年3月、インターネット上で特定の学校や同級生などの話題を書き込む「学校裏サイト」が、39都道府県で約3万8000件あると発表しましたが、実際に存在する裏サイトは、30万とも50万とも言われています。
 また、個人のプロフィールを交換する「プロフ」というサイトに、相手の名前を騙ってページを立ち上げ、写真やメールアドレスを公開したり、
家族の悪口、性的な噂話や、誹謗中傷を書き連ねたりします。援助交際を募集する闇サイトに、いじめるターゲットの実名や住所を公開するケースもあります。そうした場合、深刻な犯罪に巻き込まれる危険性すらあります。
さらに、メールでは、多数より一斉に「誹謗中傷メール」を送ったり、“なりすましメール”といって、他人になりすまし誹謗中傷を送り、人間関係を混乱させ、相手を孤立させるといった事も行われています。
 通常のいじめとちがって、ネットいじめの場合は、24時間、時と場所を選ばず攻撃される為、被害者は逃げ場が無い状態に置かれることになります。又、ネット上の情報は簡単にコピーされて広まる場合も多く、卑劣ないじめに、被害者の精神的な打撃ははかり知れません。

質問1狛江の学校においては、このネットに対する情報モラル教育について、どのように取り組んでいますか?お尋ねいたします。
再質問は自席にて行います。

【答弁】(教育部長)
 子供のパソコン使用の機会が増え携帯電話の所持率が高まるにつれ、「ネットいじめ」と言われる新たないじめが発生していることを重大な問題としてとらえています。
教育委員会では情報教育担当者連絡会において小学校高学年や中学生への情報モラルおよび具体的指導の必要性を呼びかけています。また生活指導主任会ではインターネット上の誹謗中傷の事例を情報交換するなどして、掲示板からの発言の削除や生徒への個別指導の在り方について協議しています。
さらには夏季研修会で教員対象に、情報モラル研修会を実施し「ネットいじめ」の実態を把握させ、その防止に向けた取り組みについて指導・助言を行っています。



議長!4番辻村ともこです!
ありがとうござました。
さて、すでに、お気づきの通り、こうした子供による「現代のいじめ」は、れっきとした「犯罪」の部類に入ります。
一般社会では、過度にそうした行為をすればすぐ警察に通報されて、多くの場合は
逮捕されるでしょう。人を殴れば暴行罪、怪我を負わせれば傷害罪、持ち物を盗み上履きを隠せば窃盗罪です、そして、罵詈雑言等で罵倒すれば、名誉棄損罪、侮辱罪。言葉で誰かを脅せば脅迫罪。等。個人情報を公開すれば、屈辱剤や名誉棄損罪、脅迫罪、迷惑防止条例違反です。

ところが、そうした犯罪が学校の門から一歩中に入ってしまうと、とたんに犯罪でなくなり、多くの場合単なる昔からある「いじめ」の部類として適切に対処されないでいる事が多いそうです。もちろん、厳密な意味で、「犯罪」には規定できないいじめもあるでしょう。
いじめられる側の受け方によって、ダメージも変わりますし、明確な線引きをするのは難しいのは事実です。
 しかし、今回のいじめを考えるときの重要ポイントは、「集団で特定の相手を一方的に攻撃し、心と身体に耐えがたい苦痛を与える事」は、明らかな人権侵害であり、虐待だという点です。
いじめは「心と身体への暴力」であり、断じてしてはならない悪であり、犯罪行為だということ、そして、現代のいじめの実態を、改めて御認識頂けたかと存じます。

質問2.教育長へ御質問させて頂きます。これら現代のいじめの実態について、率直な感想はいかがですか?

【答弁】(教育長)
いじめは人権にかかわる極めて重大な問題である、との認識のもとに子供たちの悩みや苦しみをしっかりと受け止めて、その健やかな成長を実現するために、私たちは最大の努力を払わなければならないと感じました。

議長!4番辻村ともこです
御答弁ありがとうございました。私も同じく狛江市の子供の為に、いじめ対策強化をお願いしたいと強く要望させて頂きます。

質問3.
では、ここからいじめを数値的データで分析します。三つの質問をいたします、まずは、現在全国でのいじめ認知件数はと比べ、狛江市における小学校、中学校子供のいじめ件数は、どのようになっていますか?また、各学校の「現代のいじめ」に対する取り組みと、指導室が行っている指導についてお知らせください。その際、何をもって、いじめとみなしていますか?「いじめの定義」も合わせて教えて下さい。

【答弁】(教育部長)
まず全国のいじめの認知件数ですが、平成22年9月に文部科学省が発表した平成21年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果では、全国の小学校において1校あたりのいじめ認知件数は1.6件、中学校では1校あたりのいじめの認知件数は2.9件でした。
 本年5月に実施した平成22年度における「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」では、狛江市の小学校において1校あたりのいじめ認知件数は0.33件(2件/6校)、中学校では1校あたりのいじめ認知件数は1.5件(6件/4校)でした。
 各学校の「現代のいじめ」に対する取組みですが、すべての学校で人権教育の徹底を図り、いじめは人間として絶対に許されない人権侵害であることを学校の基本的な姿勢として、組織的に取り組んでいます。具体的にはアンケートを実施したり、児童・生徒との面談を実施したりして一人一人の心の状態と変化を丁寧に把握しようと努めています。
 指導室が行っている指導ですが、まずは人権教育推進委員会においていじめ問題への基本的な対応を指導したり、年3回のふれあい月間を活用して各学校の実態を把握したりして学校が適切な対応をとれるよう指導・助言をしています。
いじめの定義ですが、文部科学省が行う問題行動調査によれば「個々の行為が『いじめ』に当たるか否かの判断は、表面的・形式的に行うことなく、いじめられた児童生徒の立場にたって行うもの」とされ、「いじめ」とは、「当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的、物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」と定義されています。なお、起こった場所は学校の内外を問いません。


議長4番辻村ともこ
教育部長ありがとうございました。

質問4.次に、子ども家庭支援センターや子育て支援課でのいじめ相談が行われているとのことですが、
・どのような対応体制か
・去年のいじめ認知件数とその対応、
・今後予定されている新たな取り組み
等、ございましたら、おしえてください。

【答弁】児童青少年部長
子ども家庭支援センターは、子どもと家庭の問題に関する総合相談窓口という役割がございます。子育て家庭からの相談はもちろんですが、子ども自身や関係機関からの相談にも対応しております。
現在の体制についてですが、子ども家庭支援センターでは、子ども家庭支援ワーカー等の職員が、子育て支援課では、相談担当の職員が受けております。
件数ですが、東京都に提出している児童家庭相談統計の数字でお答えしますと、平成22年度は1件で、これは電話による相談でした。
今後予定されている新たな取り組みということですが、特に新たなものはございませんが、SOSカードというものを、隔年程度、子どもに配布しています。これは、「家の人やおともだちにたたかれたりする。家でごはんをたべさせてくれない。こんなときは電話してください。秘密は絶対に守ります。」といった文面が表に、裏に子ども家庭支援センター等の電話番号を記載したものです。



議長4番辻村ともこ!
⇒御答弁頂きありがとうございました。
 いじめの相談窓口は、たくさんあったほうがよいかと存知ます。
東京都のいじめ相談ホットラインのようなものもありますが、地元狛江での児童生徒からの相談だけではなく、親御さんからの相談という意味では、市役所の窓口にいらしたあと、すぐよれる場所として、子育て支援課での相談は、数は少ないですがよいと思います。ぜひ、大丈夫ですか?お困りのことはないですか?などお声や、相談乗っています!のような張り紙も効果的かもしれません。積極的な対応を、どうぞ引き続きよろしくお願い申し上げます。
ひきつづき、「現代のいじめ」と「不登校・ひきこもり・ニート」の問題について、御質問をさせて頂きます。

質問5.現在の、全国の不登校出現率と、狛江市の不登校出現を教えて下さい。

【答弁】(教育部長)
不登校の出現率ですが、平成22年8月に文部科学省が速報値として発表した平成21年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」結果では、小学校は0.32%(22,327/7,063,606)、中学校は2.77%(100,105/3,612,747)でした。
 平成21年度の狛江市の小学校児童の不登校の出現率は0.46%(15人)、中学校生徒の不登校の出現率は3.04%(38人)でした。


議長!4番!辻村ともこ
ありがとうございました。狛江に置いては、小学校15人、中学校38人。シッカリと対応しこれ以上増やさないよう取り組まなければなりません。

文部科学省も、去年10月「不登校」が「依然12万人を推移している。これは憂慮すべき問題」と認識をしていました。その時のアンケートで、いじめが原因と答えた方は、2.6%だと報告がありました。しかし、実際は、いじめがあっても、トラブル仲たがいと報告する学校も多く、懐疑的な数字です。
専門家は言います。「不登校」は、30日以上学校を欠席した場合を指す為、現実は、30日未満の不登校予備子供子供がいるわけです。その数を含めると、全国の不登校予備子供は、12万人の数十倍になるだろうといわれています。また、引きこもりについて、全国70万人とも200万人とも言われています。もし、先程文科省のいじめ被害者比率と想定される2.6%とを掛けた場合、約40万人。加害者は、主犯格だけでも、5倍10倍いると想定でき400万人、そのいじめ現場で傍観していた人がその倍いたら、800万人。「いじめと言っても、ただのけんかといわれ、わかってもらえなかった」といった子供までいれたら、いったい、何人になるのか?日本の総人口の10%以上、1000万人近くが、いじめに関与もしくは見て見ぬふりをしている。こういった心境の子供がいる。そして、その子たちが大人になって、近い未来に日本の社会を形成するわけです。
 1000万人に近くになる、こうしたいじめ被害は、日本の未来の為にも、狛江の未来の為にも、やはり、不登校という観点から見ても、撲滅するよう、取り組む必要があると言えると思います。
いじめ問題解決は、人間の尊厳を守る活動です。その人個人個人の人生、速かったり、遅かったり、個性豊かな子供達を認め、生かし合うことのできる社会の実現。しっかりと自分なりに働き社会への貢献をする若者を生みだすことは、狛江市にとっても、活力かる町つくり、そして、財政面の底上げにもなり、今取り組むべき課題課と存じます。いじめ撲滅への取り組みは、不登校や引きこもり、ニートの数を減らすことにつながる活動です。是非取り組んで頂きたいと思います。
 
質問6.市によるニート対策として、今後の方針や、今までの取り組みがあればお願いします。

答弁】福祉保健部長
 福祉保健部におきましては、特にニート対策として、窓口を設置してはおりませんが、仮にニートの状態が精神保健レベルと判断され、ご相談をいただいた場合には、精神保健相談の中で対応し、必要性に応じて、保健所等関係機関をご紹介させていただくことになります。



議長!4番辻村ともこ!
 御答弁ありがとうございます。いじめによる心のダメージをなくすことが、少しでも社会に無気力さを感じることのない、元気なヒトが増えていく取り組みのひとつだと思います。
 引き続き、現在相談にこられているかたの決め細やかなケアと、対策に当たってください。

 さらに深刻な問題として、いじめ自殺があります。
陰湿ないじめは、子供を死にまでおいやります。
H22年度、警視庁発表の自殺者数は、年間19歳以下の子供の自殺数は552人、文部科学省が出している、小中高生の自殺数は、小学生7人、中学生76人、高校生204人、合計287人と発表されています。
自殺の事も、日本の大きな問題です。また、自殺問題につきましては、次回御伺いしますが、ここで、問題なのは、小中高生約300人の子供がここ数年、毎年自殺をしている事実です。
300人という数字は、イメージしやすく言えば、一年間で、小学校1つ丸ごと自殺しているっていうことになります。
 これは、本当に痛ましい限りです。
 早く手立てを打てるよう、今以上に、狛江からは、いじめによる自殺者を絶対に出さない、いじめを絶対に許さない、という大人の意思、とメッセージを発信し、取り組む必要があるかもしれません。学校、子供、保護者のみならず、地域の人たちの見守り、目配り、も必要かと思います。
 冒頭申し上げました中学2年生の少年いじめ撲殺事件が起こった場所は、日ごろから、地域の方も良く知っていた、「ファイティングパーク」とよばれた、喧嘩場として、素行不良の子供達の有名なたまり場だったそうです。日ごろから良くケンカも見かけられていた。それなのに、やめさせるほどの強い注意をしなかった。もしくはてだてをうたなかった。これは、もしかしたら、防げたのではないか?そうおもいました。
このニュースをみて、いじめは、学校内、家庭、だけでなく、地域の中でも起こっている。地域の中では、先生も、保護者も全てを見きることができない。
 やはり、昔は地縁が現代よりあり、地域を愛し、地域の子供達を愛し、少し、うるさ型の名物おばさん、おじさんがいました。で、ちょっと怖いなあとおもいながらも、地域に、目配り、気配りをして安全管理をしてくれたかたがいらっしゃいました。それが、抑止力として、十分に働いていた、そういった地域のつながりは、震災にも強い町として機能するとおもいます。いじめ取り組みを通じ、さまざまな効果がでてくるのも、一点注目を指定長けましたらと存じます

質問7.是非、市全体の取り組みとして、「いじめ」撲滅に取り組んで頂きたいと思います。いかがでしょうか?

【答弁】(教育部長)
 教育振興基本計画の基本施策のなかの人権尊重教育における重点施策として「いじめ、暴力行為等への対策強化」を掲げています。
子どもたちに自他の生命を尊重し、他の人を思いやる心を育むとともに、家庭や地域、学校、行政とが一体となって、いじめや暴力行為等の防止に取り組んでいけるよう働きかけをしていきたいと考えています。道徳教育についても地域の方々参加できる道徳授業地区公開講座を開催するなどして、地域と学校がともに協働して子どもたちの中に規範意識や思いやりの心を醸成することに取り組みたいと考えています。


議長4番辻村ともこ
ありがとうございました。取り組みよくわかりました。もうひとつ付け加えるならば、現代のいじめに関しての講座もご検討いただけますと、さらによいかもしれません。

さて、ずっと、いじめ件数、不登校問題、殺傷、自殺にまでいたる、「現代のいじめ問題」について私なりの意見と質問をしてきました。
しかし、今出てきました。狛江市のいじめの取り組現状のなかで、最後に一番重要な事を、問題として挙げさせて頂きたいと思います。

先に教育部長より、学校におけるいじめ実態調査というものをおききしました。文部科学省からでていますふれあい月間に、いじめ調査をされているというご答弁でした。私も配布されていますアンケート項目を拝見させて頂きました。
正直もうしあげまして!文科省からのアンケートは、そのアンケートそのままを子供に直接配ることのできるものではなく、各学校が、独自調査をして、答弁を埋める調査の集計結果シートでした。
内容は、いじめを発見しましたか?何件でしたか?誰からの訴えでしたか?
などでした。
そこで、私は、今月狛江市内の中学校にピアリングへ伺いました。そして、どのような調査をされているのか御伺いをしましたが、各学校、一生懸命取り組まれようとされている事、親身に子供の一人ひとりを大切にしようとされている事は、とても良くわかりました。。

しかし、一つ大変大事なことで気になりましたのは、現状ですと、いまひとつ、各学校の先生方の取り組み方がバラバラで、かつ、情報の共有化が体系だててなされていないというように見受けられました点です。

質問8.こうした情報共有化やスキルアップについては、どのように取り組まれていますか?


【答弁】(教育部長)
 狛江市の学校の教員は、全員が「いじめは絶対に許されない」との認識に立って、いじめられている児童・生徒を徹底して守り通しています。いじめ問題の重大さをすべての教員が認識し、校長を中心に組織として、この問題の解決に全力で取り組んでいます。
 各学校では、いじめはどこの学校にも、どの学級にも、どの児童・生徒にも起こりうるものであるという基本的認識のもと、子供の発する些細なサインを見逃すことなく、保護者との連携を図ったり、定期的にいじめなど児童・生徒の行動に関わる情報交換を行ったりしています。
 さらには事例研究を通じて、問題の把握の仕方やその解決にむけての指導についてもしっかりと学んでいます。



議長4番辻村ともこです。ありがとうございます。
安心しました。早くいじめ研究会のようなものを立ち上げて、いじめを撲滅へむけて、さらなる取り組み強化を期待します。
★カット
いじめの場合、子供の心理は複雑で、私が調査した研究の中で、ほとんどが、自分からいじめられている事を言わない事例が多くみられました。
理由は、
1、子供にもプライドがあり、自尊心や羞恥心が芽生えはじめる時、認めたくない
2、愛している御父さん、御母さん等保護者に迷惑を掛けたくない
3、「チクッた」密告した、とわかると、報復され、いじめがさらにエスカレートするのが怖い
などです。この事を恐れ、じっと子供達は言わずに堪えているようです。

実際、2007年埼玉県教育委員会が「いじめに関する実態調査」を実施しました。県内小中学生に、無記名でアンケートしたものですが、それによりますと、小学校から中学校までの9年間で、約4割の子供がいじめられ、同じく約4割の子供がいじめを犯したという事がわかったそうです。
また、同じアンケートで、「現在いじめられているか」という質問には、全体の4.28%の子供が「はい」と答えたそうです。これは、日本には、1,415万人の小中高生がいますから、単純に掛け算をしますと、全国で約60万人、

では、狛江市に置き換えますと、小中学生で、想定される「いじめられている」子供の数は、小学校児童数3,180人、中学校生徒数1,371人ですので、合計4,551人、狛江市で想定されるいじめられている子供の人数は、195人です。このとうりの数字とは、申し上げませんが、潜在的にこうした実態が考えられるというのも、想定されてもよいかもしれません。

実際、隠れている数字もあるといわれます。
狛江も穏やかで全体的にはいじめが少なく良いといわれていますが、本当のところ、完全にないとは言い切れないと思われます。。

質問9.
複雑な子供の心理、巧妙にエスカレートする「現代のいじめ」の早期発見は必須です。教員の指導向上の為の施策として、もう一歩今よりも、発展的な、体系だった取り組みの検討が必要です、狛江市の学校全体として、体系立てた有効かつ積極的な取り組みをなされたら、良いのではないかとおもいます。いかがでしょうか?

【答弁】(教育部長)
狛江市ではこれまでも人権教育を徹底して、いじめ問題に取り組んできました。市の専門教育相談員を各小学校に派遣したり、中学校に派遣されていた都費のスクールカウンセラーを東京都との連携を図って今年度から小学校5校にも派遣したりできるようになりました。
 子供たち一人一人の丁寧できめ細かな理解を図るために、今年度から小学校4年生以上にQ-Uテストを年2回実施し、いじめ防止のあたたかな人間関係づくりに取り組んでいるところです。
 これまでの取組みをバラバラなものとしてではなく、有機的に関連付け、子供たちが安心して楽しく学校生活を送り、自己実現に向けて頑張る姿を応援できるよう、教育委員会としても各学校の支援をしていきたいと考えています。


議長4番辻村ともこ
ありがとうございました。

質問10.
では、狛江市実施計画にあります6.教育・文化におきましても、重要課題とされており、目標達成におきましても、大変重要なポイントかと存じます。今年度の教育予算は、33億7490万4千円。一般会計のうち比率が多いか少ないかの議論は又に致しますが、少なくとも、狛江市内の子供の健全育成における、「現代のいじめ」撲滅の為の施策として、次年度など、早期対応、早期予算化は、全市を挙げて陰湿な「現代のいじめ」から、狛江の宝「狛江の子供、を守る為」に必要ではないかと存じますが、いかがでしょうか?

答弁】(企画財政部長)
 前期基本計画には不登校のへの取組が掲げられておりますので、計画の事業化にあたっては実施計画に盛り込む必要があり、実施計画ローリングを通して教育委員会の意見を聴き、検討して参りたいと思います。
議長4番辻村ともこ
ありがとうざいました。予算化しても、必ず、良い結果がついてくる取り組み、だと思います。是非、オンリーワン事業として、この社会的にニーズの高い、先駆的な取り組みを、子供の未来、狛江の未来の為、御検討ください。



質問11.ではつぎに
「狛江市次世代育成支援行動計画」でも「いじめ」への対応が見受けられました。今後、障害者自立支援法が改訂される予定ですが、障害者の「現代のいじめ」がみられますか?また対応等どうしていますか?

【答弁】(児童青少年部長)
次世代支援育成行動計画には、いじめ等に関する相談やカウンセリング事業の推進を計画の中に掲げております。特に障害児について限定してはおりませんが、虐待やいじめなどの悩みを、気軽に相談できるように相談窓口や電話番号等の情報提供を行ってまいりたいと思っております。

【答弁】(福祉保健部長)
 障がい児も含めた障がい者に対するいじめの件数等の実態につきましては、福祉保健部におきましては把握していないところですが、国連において採択され、日本におきましても批准に向けて準備が進められている障害者権利条約の中に、あらゆる障がいのある人の尊厳と権利を保障することがうたわれており、いじめを含めた障がいのある方への人権侵害につきましては、あってはならないことと認識をしております。

4番!辻村ともこ!
ありがとうございます。障害児を含むすべての子供に目配りをして頂き、「現代のいじめ」が撲滅するよう是非、積極的に取り組んで頂きたいと思います。



 そこで、もうひとつ、いじめ発生や、いじめ対処について、子供と保護者の関係について、ある中学校の校長先生との会話の中で、こういう話がありました。それは、「現代の核家族化した子育て世代の家族は、会話が少なく保護者との接点がすくなく、子供が愛情不足でいじめをするパターンがあるということ。そして、もうひとつ。
家族間、近所などとの地縁の希薄化などから、人間と人間の関係、距離の取り方が、わからなくなっている大人も子供もいる。人の痛みのわからない、教えられない大人が、今、いじめをしてしまう子供の親であり、当事者だ」とおっしゃられたわけですね。
私は、想像力の部分かなとおもいました。こういったら相手がどうなる。ここまでやったら、いけない、という限度。この限度感が無くなっている為、死にまでいたるいじめをするのではないか、そう捕えました。
 私も子を育てる親として、心したところもありました。

質問12.母子保健や子育て支援の立場から、親子の関係を深める取り組みについて、虐待防止策も含め、このあたりはどのようにされているのでしょうか?

【答弁】福祉保健部長
母子保健の立場から言えることは、特に大切なことは母親メンタルサポートであると考えます。学齢期以降のイジメから、不登校や精神疾患の発症、さらには発達障害に絡むケースもありますので、母子保健の立場からも、しっかり子どもの成長・発達を見て行くとともに育児不安等を抱える母への支援、それぞれの問題について理解と周知、そして、虐待や精神疾患、発達障害等への対応と、関係部署との連携が必須であると考えます。
それらの支援により、母親や家族の心身の安定化が図れれば、このような問題の軽減、または未然に防げるのではないかと考えます。

【答弁】(児童青少年部長)
子育ての悩みや、問題を抱えていて、外との関わりはあまり持たず、子どもや子育てに関する知識や体験も少ないまま、親子で家の中にこもりがちになることは、虐待にも繋がる問題と考えております。
現在子ども家庭支援センター等で行っている「ひろば事業」は、同じ子育て中の仲間を作り、気軽に相談ができる場所となっており、地域社会からの親子の孤立を防ぐ役割を持っております。
また保護者の子育て力の向上や、地域で子育てをしようという目的を持って「ノーバディーズパーフェクト」や「保育ボランティア講座」を初めとした「みんなで子育て事業」という取り組みも行っています。
合わせて育児負担を軽減する施策も大切と考えております。その中のひとつである一時保育事業について、今年5月から仮園舎にて0、1歳を対象に始めたところでございます。

議長4番辻村ともこ
ありがとうございます。
是非、今後、いじめ予防の取り組みも、御一緒に考えて頂きたいと思います。



さて、今まで、「現代のいじめ」について、現状、不登校問題、自殺問題、いじめ対応不備など、学校の体制の問題提起をさせて頂きました。
日本のいじめに関する人口は1000万人近く想定される事。そして、そのいじめ問題は、複雑化、巧妙化、エスカレートしており、いじめ解決は、狛江の未来にとっても、非常に大切な事。市民の満足度も上がるかもしれないなと質問をさせて頂きました。

では、どうしたら、いじめが撲滅できるのか。「現代のいじめ」に対し、最先端の対処法がないか、調べてみたのですが、時間がないので、次回以降に詳しくご紹介いたしますが、世界では、すでに、多くの国が、学校内における「いじめ」の早期対応に手を打っています。欧米諸国のみならず、韓国、中国でも取り組まれています。

まず第一にアメリカが取り組む「反いじめ法」の取り組みと効果や条例制定で、さまざまな問題に抑止効果があることは、みなさんもご存知ではないでしょうか?

※参考資料
「Untiーbulling Low」反いじめ法といい、アメリカでは、コロンバインバークレー銃乱射事件のあと、容疑者の少年がいじめの被害者だったことに着眼し、毅然たる態度と意思を保護者、地域で共有し、いじめを絶対にゆるさないとする事をきめた法律。今では、全米96%の州で実施されている法律であり、反いじめ法の効果としては、20-70%と幅はありますが、全エリアでいじめの減少が見られ、子供達がイキイキし、学力も上がった。そして、何より熱血先生が出てきて、いじめの取り締まりと声かけが活発になった。昨今は、モンスターペアレンツとおいわれる保護者の出現も確認できていますが、この法律ができると、保護者も講習を受けたらいする中で、学校で多くの子供達を守る気概のある先生の実情や御苦労を知ることに連れ、「いつもうちの子供を守って下さりありがとうございます」という心境にかわる事が多いとのこと。この取り組みは、先生方を守ることになり、保護者も一緒に子供と向き合い、学び、地域は地域で連帯感、正義感の絆が深まり、いじめだけでなく震災にも強い町つくりになるという結果が出ている効果的ないじめ撲滅への取り組みだそうです。


日本では、兵庫県の小野市はが「いじめ等防条例」を制定、また埼玉県や多摩地区では西東京市など多数動きがあるようです。
① そして、こうした取り組みに、条例や法整備は効果があるのか、調べました。国内の法令化、条例化で効果があったのは、たとえば
⇒セクハラ、ストーカー、DV、昨日案件に出ていました受動喫煙等条例化の効果は、日本でも確認できていますね。
3.狛江市における、いじめ撲滅に向けた今後の取り組み
⇒子育て一番の狛江、近隣都市また全国から勉強会に来るほどの先駆的な取り組みの実施を決断する先見性は、きっと話題になるでしょう。
いじめ撲滅はスローガンだけでなく、シッカリ取り組み、機能して、初めて、明るい未来社会が形成されるのではないでしょうか?
その先陣を切って、「子育て一番の町狛江」を発進されているのが、矢野市長です。
おとといの答弁でもありました。子育て満足度は、市民が決めるもの、そして、子育て中の市民以外も満足しているとこたえる改革を目標の指標にしていると。
私は、まさに、この「いじめ撲滅」にむけた取り組みは、市民の理解を得られ、満足から、本当にこの町に暮してよかったと言って頂ける取り組みになるのではないかと思うのです。
 必ず、効果が出ると思います。町の雰囲気、他地区からも勉強に来るほど、先駆的に取り組み、子供の未来を守り、地域に一本のいじめは絶対に許さないという主柱をたて、市民一丸となって、いじめを撲滅する。

質問14.是非、取り組んで頂きたいと思いますが、市長、御意見を頂戴出来ますでしょうか?

【答弁】(市長)
いじめられる側の問題もある、ともいわれていますが、それを行ってははじまりませんので、
「いじめは絶対に許されない」という認識のもと、関係者一丸となって「いじめ撲滅」に向け取組で行くことはとても重要なことだと考えています。
こうした認識において、教育委員会では教育振興基本計画の重点項目として、家庭や地域、学校、行政とが一体となって、いわば市全体で「いじめや暴力行為等の防止」に取り組むことが掲げられています。
市としては、まずは教育委員会の取組みについて、市長部局の取組の中で連携していく、または必要に応じて支援していく、そういった形で協力していきたいと思います。



議長4番辻村ともこ
ありがとうございました。
狛江の子供一人ひとりの存在の尊厳、命の尊厳を大切にしたい。
狛江に育つすべての子供に、のびのびと貴重な学生生活を過ごしてほしい。
狛江を誇りに思ってほしい。狛江を心のふるさとと思ってほしい。
いつか帰ってきたいと思ってほしい。
どうか今、真剣に自分の人生にむきあう子供達の為に。狛江市として。他区市区町村のリーダーとして先駆的に取り組み、その事例を、日本一として、また、世の中に還元しようじゃありませんか。狛江市の誇れるオンリーワンの施策として。頑張ろうじゃありませんか。子供は、必ずこの狛江市に感謝をするでしょう。誇りに思い、その人生を一生懸命生きてくれるでしょう。私たち大人の背中をみて。子供は育ちます。
最後に、こんな言葉で占めたいと思います。

学ぶという言葉は、真似ぶという言葉からきています。・

今こそ、大人が。本気になって、子供を思っているんだ。本気で守ろうと思っているんだ、。本気で悪の根源である。「現代のいじめ」に対し。僕たち、私たちの為に立ち向かおうとしてくれているんだ

そう感じてくれ、一人でもおおくの狛江の子供の人生に、少しでも明りがともりを少しでも、幸せな人生を送るスタートを切ってくれる事を願ってやみません。どうか、このいじめ撲滅に向けた取り組みについて、御検討を頂けます事を、心より、切に切におねがいもうしあげ、最後の質問を終わらせて頂きます。


辻村ともこ

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。