スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line

狛江市立狛江第三小学校 学校公開日1日目「セーフティ教室」の素晴らしい取り組みについて

皆様
今日は、狛江市立狛江第三小学校の2日間に渡る学校公開日について、その素晴らしい内容をお知らせします。
1日目は、犯罪の被害に合わない為の「セーフティ教室」でした。

学校公開日1日目「セーフティ教室」
調布警察の協力の下、1~3年生は、DVD「いかのおすし」を鑑賞後、各学年から1名、こんな時、どうする?と考えるロールプレイを行いました。
4~6年生は「インターネット・携帯電話の安全な使い方」についてのDVDを鑑賞後、警察の方からのお話を聞きました。

◆内容の抜粋◆
<警察の方より、児童たちへアンケート>
「昨日、テレビゲームをした人いますか?」 ⇒ ほとんど手を挙げなかった。
「では、スマートフォンを使った人いますか?」⇒ 半分以上が手を挙げた。(会場驚き)

狛江の子供達においても、スマートフォンを夜使う子供が高学年の半数以上いる事が分かり、使用率の高さがうかがえました。

<DVD鑑賞>
4つの「被害実例」のDVD鑑賞。大変参考になるので、是非お読みいただき、お子様とお話合いをしてみて下さい。

1.「ゲーム」
(A君事例)
ゲームが面白くなってしまい、1日に1時間という約束のゲームの時間が、2時間、3時間とズルズルと増え、夜中までやるようになり、最後は学校に行けず不登校になってしまった。

2.「出会い系サイト」
(B子さん事例)
中2という男の子と、出会い系サイトで知り合い、メールを始めた。その内、名前や住所を聞いていたので、B子さんは正直に伝えた。次に、下着だけの写真を送ってと言われ、送った。ついに、裸の写真を送ってと言われたので、さすがに「それはできない」と伝えると、「おまえの名前も住所も下着の写真も持っている。裸の写真を送らなければ、全部世間にばらす!殺すぞ!」と脅された。
警察に伝え調べてもらったら、中2と言っていた男は、24歳だった。
先日も、同じ様な出会い系サイトで出会った女子高校生が殺害された事件がある。

3.「アダルト・ポルノサイト」
(C君事例)
友達から、ポルノサイトを紹介され、興味本位でインターネットから18歳禁止のサイトに入った。その途端、「44,000円の請求です」という画面が出てきて、誰にも相談できず困った。本来支払う必要が無いものなのに、その大金を支払わなければならないと無駄な悩みを抱えた。

4.「お友達との過剰なメールのやりとり」
(D子さん事例)
D子さんは、お友達とメールをしていましたが、ある日、夜に来たメールに気が付かず、返信をしませんでした。次の日お友達から、「なぜすぐに返信しなかったの?」ときつく言われ仲間外れにならないよう、常にメールが来ていないか心配で、夜も寝られなくなってしまい、勉強にも影響が出てきてしまった。

<警察より3つのお願い>
インターネット・携帯電話・スマートフォンは、入口は小さいけれど、世界のあらゆるところに繋がってしまうものであります。

子供にきちんと、使い方、や善悪を教え

「自分の身は自分で守る」

ということをしっかりと教えてあげなければ、知っておかなければ、大変使い方によっては危険なものであります。

そこで、警察から3つのお願いがありました。

★インターネット・携帯・スマートフォンを使う時の約束★
1.フィルタリングを付ける
危険なサイトに近づくのを防いでくれます。

2.インターネット・携帯・スマートフォンを使う時のルールを作る
■家族全員が守るルールを作る事
① 時間を決める
② 個人情報を書かない
③ 嫌なことは書かない

■友達とのルールを作る事
① 夜8時以降はやらない
②すぐ返事をしなくても友達を責めない。
② 名前を書かなくても書き込める掲示板などに、悪口を書かない事。
③ 相手の気持ちを思いやる優しい気持ちを持つ事。 など

3.困ったときは、先生、家族、警察のヤングテレホンコーナーに連絡をする事
先生や親に困ったときは相談する事。出来なければ、名前も言わなくても相談に
乗ってくれる「ヤングテレホンコーナー 03-3580-4970」まで連絡をすること。


以上が講演会内容でした。

最後に・・・
40分という短い時間で子供にも保護者にも大変わかりやすい「安全教室」でした。

警察の方もおっしゃっていましたが、「ネット依存症」は、ある種の「快感」からくるものだと知る必要があるということが印象的でした。
確かにそうですよね。ゲームには、「勝利」する「快感」が必ず組み込まれており、次のステージに上がる(勝つ)ためには、お金がかかるよう課金されるシステムになっているものもあります。

一番大事なことは、使い方を間違えなければ、良いものですが、一歩間違えると、犯罪や道を踏み外してしまい人生をダメにしてしまう大変怖いものであるという事を知らなければならないということだと思います。
時間を守る事が一番大事で、その次に、怖い事例を知り、そうならないための家族と友達とのルール決めをする事が必要だということです。

是非、今日からでも、皆様のご家庭で、テレビに出てくるような事件は、すぐそこの携帯電話にも迫ってきているという事を理解されたなら、親子でしっかりとルール決めをして、楽しく利用してもらいたいと考えます。

私は、議員の立場として、学校でのICT教育(ipad)の利用方法や制限についても、調査を深めてゆこうと思っております。

今回の公開授業は、総じて素晴らしい取り組みでありました。
是非、多くの保護者、地域の方に、各地域での公開授業には参加をして頂き、子供達を一緒に見守り、導く一助となって頂きたいと考えます。

狛江第三小学校校長先生を始め先生方、調布警察の皆様に感謝申し上げます。

皆様、日本、狛江の未来と子供を守るために共に頑張りましょう!


~狛江の新しい力!~
狛江市議会議員
無所属
辻村ともこ

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。