スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line

◆平成26年度狛江市議会第2回定例会一般質問 辻村ともこ◆(3.) 保育の質の向上(パート2)

かねてより要望をしていました「保育園本人確認カード」について、導入を前向きに検討するという答弁を引き出せました!他、シティセールスを兼ねた民間保育園移行時に導入を要望しています「保育士の安全対策エプロン」についても質問しています。
是非全文をお読みください!

◆平成26年度狛江市議会第2回定例会一般質問 辻村ともこ◆
(3.) 保育の質の向上(パート2)
我が国の保育制度のしくみを大きく変えようとする「子ども・子育て関連三法」法案が国会で審議され、平成24 年(2012年)6 月26 日、第180 回衆議院本会議にて「総合こども園法案」等が修正され可決されました。 
この法案が国会を通過した平成24 年(2012年)は、昭和38 年(1963年)当時の文部省、厚生省が両省局長通達で「保育所のもつ機能のうち、教育に関するものは、幼稚園教育要領に準ずることが望ましい」と発表してから50 年後にあたるそうです。
私は、「地方は日本の原点である」と、常々思い行動しておりますが、この幼保一元化の流れは、単なる日本の幼児教育の分岐点であるだけでなく、日本を今後形成する子供達全体の健全育成において、核家族化等生活形態が50年前から比べ多様化してゆく現代において、どのように親の愛情を注ぎながら子育てをしてゆくのか考えるときにあると思います。本日は、狛江市における保育環境の充実施策として、新政権になり推進しております保育園の民営化の役割と現状の問題点を保育の質、安全対策という視点から質問をさせて頂きたいと思います。

質問1.
幼保一元化の動向について狛江市の対応をお聞かせください。

【児童青少年部長答弁】
市の対応としましては、まずは市内幼稚園に対して、認定こども園を含めた新制度の対象施設への移行について、意向調査を行う予定です。今後、この調査の結果を踏まえ、さらなる対応について検討していきたいと考えています。

質問2.
意向調査は、恐らく本年議会後という事になろうかと思います。意向には新たな設備投資や人員配備も必要です。各事業主の要望も踏まえ、市民により良い保育環境が得られるよう尽力をお願いしたいと思います。

では、保育園民営化の状況についてお聞きします。
まずは、現在の待機児童数について教えて下さい。

【児童青少年部長答弁】
待機児童数は、平成26年4月1日時点のでお答えします。
 新定義の待機児童数は99名です。内訳は、0歳が23名、1歳が53名、2歳が21名、3歳が2名、4歳以上ではおりません。
 昨年度の47名に対して52名の増となっています。昨年度に認可保育所2園を新規開所して180名の定員増を行いましたが、今年度は新規開所がなく、昨年度並みの入所申込があったことで待機児童数が大幅に増加しました。

質問3.
平成25年4月に開設された虹のひかり保育園、ぎんきょう保育園が加わり、180名の定員増が行えたという事ですが、それでも99名の待機児童数ということです。特に0歳児、1歳児の枠に待機児童が集中しているとのことです。では、民営化される2園の進捗と受け入れ体制時には待機児童は解消するのでしょうか。

【児童青少年部長答弁】
 宮前保育園及び和泉保育園につきましては、平成26年3月に策定した「狛江市立保育園民営化ガイドライン」に基づき円滑な民営化への移行を進めているところでございます。
 宮前保育園は、隣接する和泉児童館との複合施設として平成28年4月1日からの民営化移行を目指していることから、現在はその運営法人を選定するための公募要項の策定を運営法人選定委員会で進めております。今後は、策定される公募要項に基づき、同委員会で運営法人の選定を行うこととなります。
 定員につきましては、2園で共通しているガイドラインにおきましては「現状を下回らないもの」とのみとしているため、具体的な定員は、宮前保育園と和泉保育園のそれぞれで策定する公募要項や応募があった法人からの提案によることになります。
 宮前保育園につきましては、公募要項の素案におきましては、「全体で120人以上」、「各クラスの定員も現状を下回らない規模」としているところでございます。

質問4.
新設民間保育園2園は順調に準備が進んでいる事が確認できましたが、待機児童対策については、民間保育園2園の開設をしても、0歳1歳枠の待機児童数は、100%解消できるわけではなさそうです。先日の総務文教常任委員会では、今後人気のある民営化保育園の出現により潜在ニーズを呼び起こすことも考えられ、待機児童数の100%解消は難しいと予測されていました。
そこで、一時預かり等の活用や定期保育と言われる新たな保育スタイルを含め、保育の充実には、民間保育園の得意分野である柔軟な対応・サービスもニーズが出てきました。

保育の質についてお伺いします。現在の公立保育園職員の勤務を引き継ぎ業務期間として一年間続け、徐々に民営化へ移行するということですが、民営化に伴う保育の質の向上施策として、今後特色ある保育内容について、市としてどのようにお考えでしょうか。

【児童青少年部長答弁】
 民営化される保育につきましては、まずは民営化に移行する過程において子どもに過度な負担がかからないような事態を避けることを優先すること、また、在園児保護者の希望等も鑑み、現在の公立保育園の保育内容を確実に引継ぐ能力のある法人を選定することが重要であると考えております。
そのうえで、今回策定を進めている公募要項におきましても、「延長保育時間の拡大」や「一時保育の実施」などに加え、「法人独自の特色ある保育カリキュラム」や宮前保育園につきましては「複合施設の特性を最大限に活かすことができる」事業提案について、選定の基準に盛り込んでいるところでございます。

再質問
民間の強みを生かした保育の充実については、積極的に検討をお願いしたいと思います。保護者の要望の中には、公立保育園から民間保育園へ移行することで、今までにない多彩なカリキュラムに期待をかける人も多くいます。審議の仕方を教えて下さい。

※ 追加答弁
【児童青少年部長答弁】
  民営化後の保育園の保育の特色等につきましては、設置を予定しています第三者協議会においてご議論いただくことになろうかと思います。

質問5.
わかりました。
では次に、保育の質について、安全面から質問致します。
現在の公立認可保育園6園の安全対策に、問題があると保育園に通わせる保護者の方から、多数クレームが私のところに寄せられました。
それは、保育園お迎えの際の児童引き渡しの方法についてであります。
ご存知の通り、調布市において、引き渡し時に事故がありました。
その直後あたりから相談件数が増えました。
内容はおおまかにこのようなものでした。
「狛江市内市が運営している保育園の現在のセキュリティについて問題があると思います。
それは、引き渡し方法についてです。
狛江市では両親以外のものがお迎えに来た場合に(たとえば祖父母)何の本人確認もなく子供を渡してしまっています。
狛江市内でも、民間の運営する認証保育園では写真で顔を確認したり、首から【保育園が発行した引渡証のようなもの】をぶら下げさせている人にしか子供を渡していないというのに、狛江市認可保育園では【だれだれの祖父です】というだけで何の確認もせず引渡をしています。
調布市で引渡事故があったことをご存知でしょうか?ご年配の方が【だれだれの祖父です】と言い近所の子供を連れ帰ってしまったという事故です。その後調布市では確認が出来る様本人確認カードの導入などをしたそうです。
保育園内に不審者が簡単に入れるシステムがおかしいとおもうのですが辻村議員はどう思われますか?現在、保育園は門扉に暗証番号BOX、さらに建物玄関に暗証BOXがありますが
暗証番号は100名近くいるのに在園児共通となっており、次の方が入りやすいようにと開けっ放しにしている人もいます。何のセキュリティにもなっていません。
この件で何度か狛江市役所に電話しましたが、一市民の言葉は狛江市役所には届かず、何も改善されませんでした。
何かの機会に取り上げて頂き、早急に改善される事を願っています。」

こういったものでした。
お聞きしますが、安全対策として、保育園の引き渡しに関して、セキュリティカードの配布を以前より私は要望しておりましたがご検討は進んでいますでしょうか?
 【児童青少年部長】
公立保育園のセキュリティについては、3月に保護者の方からの相談を受け、現状の確認と改善策の検討を行っているところです。
 今後の安全対策の参考に、調布市の保育園での引き渡し事故については、調布市の担当課に状況等について確認しており、その後の対応状況についてもご教示いただきました。
現在、各公立保育園では、お迎えの保護者ごとに門扉のオートロックの解除・施錠をお願いし、お迎えの方の確認を行った上で、園児を引き渡すなど、同様の事故が発生しないよう取り組んでいますが、ご質問にありましたとおり、別の保護者がいれば入りやすいようにオートロックをせずに門扉を開けているという状況も見受けられ、安全対策として不十分と言えます。
 このことから、保護者に対しまして、門扉は一人ずつ入って、一度ロックしていただくように、各園を通じて改めてお知らせをいたしました。
また、ご指摘いただきましたセキュリティカードにつきましては、現在、前向き検討しているところです。本人確認ができるよう顔写真を添付していただいた災害時兼用お迎えカードを導入し、日頃から携帯していただくようにしまして、お迎え時にご提示いただく、そのような形を考えております。
安心安全なまちづくりの一環として、保護者の皆さんのご理解・ご協力をいただきながら、早急に進めてまいりたいと考えております。

質問6.
セキュリティカードのご対応誠にありがとうございます。
また保護者からの指摘事項において調布市への確認や各園への対応をしてくださり改善が見える点も感謝申し上げます。今後もカード導入に安心することなく、様子をしっかり見て頂き安全確保をお願い申し上げます。
保育の質「安全対策について」2点目は、子どもの連れ去り対策についてです。
今年に、入り複数の保護者と懇談を持ちました。その際、狛江市の公立の保育園の保育士の方々は、腕章を付けるのみで、子供も親も「保育士だと見分けがつきづらい」という指摘があり、それは、連れ去りなどの安全対策として如何なものかというものでした。
これは、私も経験がありますが、保育園のお迎えに行って、違う子が足にギュッと抱き着いてこられることがあります。特に、小さなお子さんは、目線が低く、本当のお母さんと間違えて私に抱き着いてきたように、一瞬にして大人の背丈まで全体を見る事は不可能です。
現在狛江市内・近隣自治体民間保育園を調査してみると、ほとんどが、はっきりとした目立つ色のエプロン等を付ける事で、子供にも、周囲にも○○保育園の保育士だと分かるように、工夫し取り入れていました。
ちなみに、小田急ムック保育園さんの場合は、「子供の連れ去り事件防止の為、そして、子供達が安心して通ってもらえるために、エプロン着用をしている」
ということでした。
さらに、小田急ムック保育園さんでは、エプロンにムク犬というキャラクターを付けており、ムク犬で子供達の親しみ創出と安心安全対策をしているのですが、同時に、シティセールスならぬ保育園のイメージセールスという観点からこのキャラクター使用しているとのことでした。
狛江市でも、小学一年生に配布されるランドセルカバーに本年度から、えだまめ王子が描かれていますが、大変好評ですね。
安全対策2点目として、民間保育園の導入時に、保育士のエプロン導入は、セキュリティ、安全対策にもシティセールスにも有効かと存じますが、ご検討を頂けませんでしょうか。

【児童青少年課長】
 セキュリティとシティセールスを兼ねるということは、効果的なご提案であると思います。民間保育園につきましては民間独自にお考え頂くことになろうかと思いますが、公立保育園への導入につきましては、職員への被服貸与という形なろうかと思います。参考とさせていただきたいと思います。

質問7.
予算の問題もあるかと思いますが、保育園の安全対策はなにより一番であります。先駆的な市では見られます予算の横断化、つまり今回の場合は、企画財政部と児童青少年部の予算の横断化を含め、民営化へ移行される際に、是非ご検討を頂きたいと要望致します。よろしくお願い申し上げます。

保育料滞納者の推移と対応について
今定例会初日議長報告に、平成24年度分保育料滞納者の推移と対応について方向がありました。詳細と対応について教えて下さい。

【児童青少年部長答弁】
 保育料滞納状況の推移ですが、平成24年度は滞納者34名、滞納額511万7,950円、不納欠損額132万9,650円、平成25年度は、滞納者25名、滞納額297万600円、不納欠損額114万5,750円です。平成26年度の繰越滞納者と繰越滞納額は集計中ですが、不納欠損額は72万1,700円となっています。
 なお、滞納者に対する対応ですが、納期限経過後の文書による督促及び催告、電話による催告を実施しています。また、在園児の翌年度継続の手続きの際に、未納保育料を事前に納入していただいたうえで必要書類を配布することで、未納が累積しないよう努めています。
平成25年度の取り組みとしましては、保護者からの申し出に基づく児童手当からの徴収を2件、差押処分としては預金について1件執行しています。

質問8.
素晴らしいですね。手元に平成21年度からの資料がありますが、滞納件数も滞納金額も毎年減額しています。
これは、私は思うに、行政が、滞納者へ取り立てる、という姿勢から、支払いのご相談を丁寧に受け、お話をお聞きする体制をしっかりと行い始めたからだと思います。また業務を見直し、未納が累積しないようお話しするタイミングを変えた事から行政と住民の双方に良い結果が出てきた。大変改善、取り組みだと確認できました。今後も、引き続き、PDCAを行いしっかりと結果の出せる業務改善、そして、丁寧な対応をお願いしたいと思います。ありがとうございます。


狛江市で新しい政権により行われています今までにない特色ある狛江の保育の質の向上施策としての「民間保育園の導入」が、公立保育園の質の向上を助ける役目を果たし、安心安全確保を始めとした「けん引役」になり市民が「狛江に暮らしてよかった」と少しでも感じられます様、、限られた予算の中で大変かと思いますが、今後も良き改善には迅速に対応頂けましたら幸いです。
以上で質問を終わります。
以上

~狛江の新しい力!~
狛江市議会議員
無所属
辻村ともこ(^_^)/~

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。