狛江市公園・緑地の配置方針

狛江市の公園・緑地の配置方針の概容が策定されました。これは、平成24年度から25年度にかけて、生産緑地の指定解除が10件、述べ6,370㎡(市面積の0.1%)の生産緑地が失われ、宅地化(戸建てやアパートに)され保存樹林も駐車場等の開発が進み減少していることから、公園・緑地保全を確実に行う方針が出されたものです。
財政的には、3・4・16号線(電研前~水道道路まで繋げる計画)等の道路計画とどちらが優先か、という話になると思います。
私は、公園・緑地保全は、遊び場だけでなく、防災面でも非常に重要ですので、後回しせず進めるべきと思っています。
横浜市は1%市民税を緑地保全に当てています。

この問題は、子供から大人まで、市民全員の問題です。
皆様と一緒に考えて行きたいと思います。


狛江市議会議員
無所属
辻村ともこ拝


 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line