スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line

「はだしのゲン」問題 一般質問原稿公開 参考までに

皆様

お疲れ様です。いつも本当にありがとうございます。
■般質問内容
下記に一般質問原稿を添付致します。
よろしければ、議会質問の参考になさって下さい。拡散して下さってかまいません。

「はだしのゲン」問題について
平成25年第3回定例会一般質問
狛江市議会議員無所属 辻村ともこ

◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村ともこ議員。
    〔4番 辻村ともこ議員登壇〕


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) 通告に従いまして2問目の質問をさせていただきます。
 「はだしのゲン」の問題。
 「はだしのゲン」は,1945年8月6日に広島に投下された原爆で家族を亡くした主人公・ゲンの姿を描いたフィクション漫画であります。
 同作品については,「松江市の小中学校の図書室から「はだしのゲン」の撤去を求めることについて」という内容の陳情書が去年8月に提出され,松江市議会はこの陳情について複数回の議論を行った結果,図書館から撤去するかどうかを市議会が判断すべきではないとし,教育委員会に判断を委ねるとしていました。その後,松江市教育委員会は,日本軍の斬首や女性暴行の描写を問題にし,教育委員会議に諮らず,12月17日と1月の校長会で自由に閲覧できない閉架措置を要請しました。そしてことし,さまざまな議論を経て,8月26日の教育委員会議で,市教育委員会の要請は「手続の不備」ということで撤回されました。
 松江市議会の平成24年第4回松江市議会定例会会議録より少し抜粋をさせていただきます。定例会会議録によりますと,討論の際このような意見が出ていたそうです。
 「陳情第46号「松江市の小中学校の図書室から「はだしのゲン」の撤去を求めることについて」では,執行部から,追加の見解を聞いた後,質疑では,全10巻の漫画の中でいろいろ問題があるとも言われているがどのような問題かとの質疑に対しては,執行部より,1巻から4巻または5巻までが第1部というふうに言われているが,暴力的なシーンなど,やや過激と言われるものは後半部分が多いと感じている。陳情に添付された資料も10巻の部分であるとの答弁がありました。討論では,一委員から,当初の教育委員会の見解では,映画が文部省や全国PTA協議会の推薦を受けていたり,漫画が中四国の県庁所在市の小中学校の図書室に置いてあることから優良図書と考えているということであった。しかし,1巻から10巻までを見ると,時代ごとにだんだんとエスカレートして大変過激な文章や絵がこの漫画を占めている状況であり,第1部までとそれ以降のものが違うものということではなく,「はだしのゲン」という漫画そのものが,言い方は悪いが不良図書と捉えられると思う。当初の優良図書としての根本が崩れたということであれば,やはり教育委員会みずからが判断をし,適切な処置をするべきであろうと思うとの意見がありました。また,不採択とすべきものとして,一委員から,表現に若干過激な面もあるが,全体としては戦争の悲惨さ,あるいは平和のとうとさを訴えているものと思っている。1980年代から多くの図書館に置かれている状況であり,平和教育の参考書として捉えられている側面が非常に強いようである。そういう面から考えると,小中学校の図書室に置いてあってもおかしい話ではないし,図書室に置くことの是非について議会が判断することには疑問があるので不採択とすべきと考えるとの意見がありました。採決の結果,陳情第46号は挙手する者はなく不採択とすべきものと決しました。」と,このようにあります。不採択とすべきものとした議員の意見からも,「表現に若干過激な面もある」との率直な意見が出ています。
 同市教育委員会の担当者によると,学校の平和学習の授業などで「はだしのゲン」を取り扱っていただくことは自由ですし,好ましいことと考えられます。しかし,成長途中の子供たちが自由に閲覧できる開架図書として置いておくのはどうかということになりました,とのことでした。暴力的な描写が含まれることや性的な描写が含まれていることが問題視されたと言います。歴史的な認識に関する議論はなかったとのことでした。
 本件は,松江市教育委員会が漫画「はだしのゲン」について,子供にトラウマを与えるような暴力シーンが出てくるために,全巻について閲覧の際は教師と一緒に見るようにと各学校長に要請し,その後撤回をしたものの,多くの議論を呼んでいる問題です。
 この問題で下村博文文部科学大臣は8月27日,それぞれの教育委員会が,それぞれ判断することがあってもおかしくない,と述べ,市教育委員会の判断は間違っていなかったとする見解を示しました。8月21日の会見で,市教育委員会の指示を「問題ない」とした自身の発言を改めて強調したと発表されています。
 問題は一部の過激な描写であると考えます。そこで質問させていただきたいと思います。
 松江市教育委員会古川副教育長によると,問題になったのは暴力シーンであり,「戦場で死体をブルドーザーで引くシーンや,女性に乱暴するシーンがあり,多感な子ども達に見せるのにふさわしくないと判断した」と話しています。
 確かに,日本軍が蛮行をしていたか,また戦場での行動は蛮行のみだったかのような印象を与える描写のみを描くことは,バランスがとれているものでしょうか。また,教育基本法,学習指導要領にのっとり適切でしょうか。お答えいただければ幸いです。
 再質問は自席より行います。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育部長。


◯ 教育部長(小泉 一夫君) 学校図書館は,児童・生徒のさまざまな関心や問題意識に応じ,多様な知識や生き方,表現等に触れ,自然や社会,人間に対する豊かな見方,考え方を培っていく場であると捉えております。その意味で必ずしも学習指導要領に拘束されるものではありませんが,書籍の選定は蔵書全体として,発達段階等を踏まえたバランスのとれたものにしていくことが大切であると考えております。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) 低学年のお子さん,例えば6歳から10歳未満のお子様に見せる作品として,このような,女性の性器に一升瓶を足で入れて殺すという描写は適切でしょうか。赤ちゃんのいる妊婦のおなかを切って取り出すシーンは適切でしょうか。ショックを受けると思いますが,これが教育上その年齢に必要か,適切か,端的にお答えください。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育部長。


◯ 教育部長(小泉 一夫君) 御指摘の部分だけを見ますと,低学年には内容が難しく,また一部の描写には過激なものがあり,小学校低・中学年児童に読ませるには必ずしも適しているとは言えない場面もあると考えております。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) そうですね。今ごらんになられている方もいらっしゃるかもしれませんが,女性の性器に一升瓶を足で押し込んで殺すシーンとか,妊婦のおなかを切って赤ちゃんを取り出して殺すシーン,このページ全体は,実はテレビ局の放送基準においても放送禁止,放送できないそうなんです。テレビで見せると有害の分類に入るほど過激な描写ということです。
 さらには私は,ランダムでございますけど,狛江市内の教職員の方たち,狛江市役所の職員の方々,保護者の方々に,この漫画の一部をごらんいただいてどう思いますかと,そのようにお伺いしました。そのところ,やはりこれはちょっと見るに耐えない,これは自分の子供には見せられない,これは年齢が達して理解できるようになるといっても,それでもまだきついかもしれない,これを生まれてからまだ六,七年しかたっていない子供たちに見せるというのは相当なトラウマを残すんじゃないか,こんな率直な意見が来ていました。
 再度質問しますが,低学年のお子様にも配慮がなされていない,テレビで放送禁止になるような作品は,今学校図書の中ではどういうふうになっているのかなと思います。
 まずは教育現場の対応を質問したいと思います。狛江市立の学校の取り扱い状況を教えてください。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育部長。


◯ 教育部長(小泉 一夫君) 現在,全小・中学校の図書館で蔵書はされております。貸し出しや閲覧については市で統一した取り決めはありませんので,現在は各学校での管理のもと貸し出しや閲覧等がされております。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) 先ほどお話し申し上げましたけれども,テレビでも流せないような状況があるということを勘案して,もう一回これは話し合う必要があると思います。ぜひ話し合いのほうを校長会などで持っていただきたい,このように要望させていただきます。お願いできますでしょうか。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育部長。


◯ 教育部長(小泉 一夫君) 検討したいと思っております。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) よろしくお願いいたします。
 参考までにですけれども,狛江市立の学校の図書館資料収集方針及び選定基準というのがあるかと思います。この間,通告でお話し申し上げましたけども,基本方針というものがあるかと思います。この基本方針は何でしょうか。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育部長。


◯ 教育部長(小泉 一夫君) 原則といたしましては,全国学校図書館協議会図書選定基準にのっとって選定をしております。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) 狛江市では基本方針というのは,要約すると,健全な教養を育成すべく図書,視聴覚教育の資料その他学校教育に必要な資料を収集し,及び保管するということで,その基準が全国学校図書館協議会図書選定基準になっているということです。
 これは参考までに抜粋して,どんなものかというのを紹介させていただきたいと思います。
 全国学校図書館協議会図書選定基準によりますと,一般基準と部門別基準というものがあります。一般基準は4基準,部門別基準は23基準ございます。その中で,それらをあわせてさまざまな項目があるわけですが,一番回数が多く出てきているのが,「児童生徒の発達段階に即しているか」「児童生徒の発達段階に応じた適切な解説や索引があるか」,こういったことが5回も出てくるんです。その他「人間の尊厳性が守られているか」「戦争や暴力が,賛美されるような作品になっていないか」「特定政党の立場よりする宣伝および一方的批判を内容としたもの。政治結社についてもこれに準ずる」,こんなものが基準になっています。
 この中に,部門別では「百科事典・専門事典」「辞典」「年鑑・統計・白書類」「叢書・全集」「翻訳書」「実用書・技術書」「地図帳」「絵本」「趣味・レクリエーションの図書」「学習参考書」「伝説・民話」「神話」「地域に関する図書」「教師向けの教育図書」「教師向けの学術研究書」「宗教に関する図書」「政党に関する図書」「性に関する図書」「まんが」「写真集」「伝記」「手記」,そして「対象としない図書」というふうにあるんですが,「まんが」のところを抜粋させていただきます。
 「まんが」の選定基準,「(1)絵の表現は優れているか。(2)俗悪な言葉を故意に使っていないか。(3)人間の尊厳性が守られているか。(4)ストーリーの展開に無理がないか。(5)俗悪な表現で読者の心情に刺激を与えようとしていないか。(6)悪や不正が讃えられるような内容になっていないか。(7)戦争や暴力が,賛美されるような作品になっていないか。(8)学問的な真理や歴史上の事実が故意に歪められたり,無視されたりしていないか。(9)実在の人物については,公平な視野に立ち,事実に基づき正確に扱われているか。(10)読者対象にふさわしい作品となっているか。」などなどが続いております。
 今回改めて,今皆様が感じたこと,そして市民,住民,保護者,教員,職員の方々へ行った感想を含め,ぜひ低学年の子供たちの心の発達に応じた検討をしていただきたいと思います。
 では,バランスのとれた図書館を目指すために,蔵書に偏りはないかということを確認させていただきたいと思います。漫画では,「はだしのゲン」も私個人としては特に、前半はすばらしい人情漫画だと思っています。本当に平和教育に必要で,戦争の悲惨さを伝える部分が多くあると,そこも認識しております。しかし,この漫画以外にも,国を思い,家族愛を育む作品として「永遠の0(ゼロ)」など多数作品がありますが,そういったものを意識してバランスをとっていますでしょうか,教えてください。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育部長。


◯ 教育部長(小泉 一夫君) 現在は,各学校が自校の実態等に合わせて適切に図書館での蔵書整備を行っております。「永遠の0(ゼロ)」につきましては,漫画については市内全校蔵書はありませんでした。文庫本につきましては,5校が蔵書しているという報告がございました。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) 例えばですけども,「永遠の0(ゼロ)」という作品においては,文庫本で蔵書されているということでした。漫画のコーナーに文庫本はないはずです。やはり漫画には漫画でバランスをとる。一般的にバランスをとるといった際,分野や内容をそろえて同じ場所に並べられることで,初めて成り立つんじゃないかというふうに思います。子供たちは多様な選択肢を通っている学校の図書館で与えられ,それによって健全に育つというものではないでしょうか。
 教育長にお尋ねしたいと思います。漫画と文庫本,読むことができる年齢も相違があります。漫画は漫画の分野の蔵書でバランスをとっていただきたいと思いますが,どのようにお考えでしょうか,これをお聞かせください。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育長。


◯ 教育長(有馬 守一君) 先ほど部長からありましたように,学校図書館の意義から考えて,発達段階に即した形で多様な見方,考え方のバランスをとりながら書籍を選んでいくということは大事だと思います。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) 具体的に今申し上げました。漫画は漫画でバランスをとる,文庫本は文庫本でバランスをとる。図書館のバランスをどうとっていくのか,多様な価値観でしっかりと授業を行いながら図書館運営をしていただきたい,学校図書の蔵書について偏りがないようにお願いしたいと思います。
 島根県議会のある議員でしょうか,問題の本質は手続の不備ではなく,市教育委員会が学校図書館の運営に不当介入したことです。学校図書館のあり方や市教育委員会と学校との関係などの原点こそ明らかにされるべきだ,と批判する方もいました。現在,教育委員会制度も変わろうとしている中,まさに知る権利も言論の自由もある時代ですけれども,教育の中で一番大切な指針となる,新しく60年ぶりに改正された教育基本法及び学習指導要領にのっとった教育を推進し,未来の日本を担う子供たちに対し,学校教育現場では理想の教育をすることこそ求めなくてはいけないのではないでしょうか。教育は国家百年の計と申しますが,過去のことを忘れずに,そして命をささげて国を守った英霊たちに感謝をしながら,しかし未来志向で,過去戦争をした国やその相手国の国民とも手をとり合い,世界平和を目指さなくてはいけないと思います。
 以前,私はいじめの問題を一般質問で取り上げた際に,自己肯定感について取り上げました。先進72カ国で,自分のことが好きかとか,自分の国が好きかという質問に対して,先進国の中で何社かとっていますけども,数社がとっているデータはほぼ最下位です。このように自分のことや自分の国が好きでない子供たち,これはやはり自虐史観教育というものもあるのではないかと言われています。みずからのみならず相手をも大事にできない子供を育てる教育は,改めるべきではないでしょうか。
 2020年東京オリンピック,これは招致が決まりました。この招致のプレゼンテーションでオリンピックマインド,オリンピックムーブメント,こういったものがさまざまな過去の歴史を乗り越えて持つ本当の世界平和ではないかと思います。今後,狛江の教育についても,しっかりと発達段階に応じたバランスのとれた教育,そして真に国を愛し,郷土を愛し,国際社会でも日本のすばらしいところを生かしながら活躍する人材の輩出,日本人の輩出のための教育を,50年,100年先の日本を見越して取り組んでいただきたいと思います。
 改めて最後に教育長にお伺いします。下村文部科学大臣の発言にもありました教育図書の扱いについて,年齢に応じた対応を独自で教育委員会が検討,対応することはよいのではないかという発言がありましたが,これは至極当然のことだと思います。教育長はどのように思われますか。また,さまざまな角度から検証し,バランスのとれた蔵書を行うことは,図書館としてこれもまた当たり前のことだと思いますが,教育長のお考えになる今後の学校教育,学校図書のあり方について御意見をお伺いします。


◯ 議 長(石井 功議員) 教育長。


◯ 教育長(有馬 守一君) 学校図書館の蔵書につきましては,各学校で児童・生徒の発達段階に応じた課題に応える,あるいは豊かな心や多面的な見方・考え方が育めるようなバランスのとれた選書に努力してきているというふうに私は思っております。ただ,御指摘にあったような観点も含めて,今後より適切な選書・蔵書のあり方について,学校訪問あるいは学校図書館連絡会等の場を生かしまして助言をしてまいりたいというふうに思っております。


◯ 議 長(石井 功議員) 4番辻村議員。


◯ 4 番(辻村 ともこ議員) ありがとうございます。必ず日本,狛江の子供の未来のために,しっかりと対応をお願いしたいと思います。
 本日の質問をこれで全て終了いたします。


以上です。
今後の一つの方策として参考になれば幸いです。

誇りある国家確立のため
頑張りましょう。

感謝
狛江市議会議員
無所属
辻村ともこ拝
*********************
狛江の未来と子供を守る会 会長
日本文化・食育研究会 理事長
日本会議 地方議員連盟
日本ウイグル地方議員連盟 事務局長
創生日本 地方議員連盟
草莽全国地方議員の会
立て直そう日本女性塾 塾生
JC地方議員連盟
(公社)日本青年会議所2013年度国家グループ領土・領海委員会 副委員長
狛江青年会議所 2013年度 理事
狛江市岩戸親睦会  他
狛江市議会議員

辻村ともこ

フェイスブックhttp://www.facebook.com/tomoko.tsujimura.7
オフィシャルHPhttp://tsujimuratomoko.jp/index.html
ブログhttp://tsujitomo.blog.fc2.com/


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。