米国視察&抗議活動報告 最終日 在米邦人保護者との面談

LA4日目 衝撃の邦人保護者いじめ実態の話
最終日の朝は、在日邦人保護者と面会をしました。
皆萎縮していたようだが、一生懸命子供を守るために活動していました。韓国のように資金も人もモノも与えられず、グレンデール市では人口韓国人12000人の中、日本人100人というマイノリティの中、子供達は「お前は日本人か?」と聞かれ「そうだ」と答えると、「独島は韓国の領土!」「お前たちは日本人の汚い血が流れている!」唾を吐きかけられる日々だという。そして日本人の親子とも、日本人だという事を隠して生活をしているとおっしゃいました。日本人だと分かると、食べ物に唾を入れられるのは常識。どんないじめにあうかわからないので、英語でしか話さないと言いました。衝撃で悲しくて、どうして領事館は何もしないのか、と本当に驚きました。なぜなら、領事館では、主席領事も、「いじめの事実はない。都市伝説だ。」とおっしゃったからです。
日本でお会いした総領事館は「いじめの事実は、具体的には伝わっていません。しかし、具体的に伝わってないからと言っていじめが無いとは言い切れません」と、おっしゃいました。誠意は伝わりましたが、それは、保護者との良いコミュニケーションになっているとは言えないようでした。
在米邦人は、すでに領事館に訴えましたが潰されると思われる事実があったのです。どういう事だ!!!と、私は心で泣きました。あまりにも酷い日本人のLAでの現状を作る要素に、教科書がありました。
いずれにせよ、慰安婦碑は、実際に見ると衝撃です。これは、平和を生みません!
そして、日本人は、肩身の狭い想いで、いじめがありました。
何とかしなければ、嘘も100回言えば、本当になるの世界です。

保護者が言いました。
「河野談話のせいで、私達は、酷い民族だと言われ、最悪の事態です。しかし、事実はいいです。アメリカの人口はとうとう、ヒスパニックより、韓国中国人人口が上回りました。つまり、正義が通らなくなりました。声の大きさが重要となったのです。正しいのなら、日本政府に声を上げて欲しい。どうか守って欲しい。韓国、中国がうらやましいです。私達日本人は、守られていない。」

「積極的説明主義」を、どうか政府、領事館には行っていただきたいと思います。
要望を続けようと思います。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line