平成22年度狛江市一般会計決算の認定について 不認定となりました。

本日、本会議初日の議題の一つに、平成22年度一般会計決算認定が行われました。結果は賛成少数にて、不認定でした。
これは、3年連続矢野市政の一般会計決算の内容、成果に対し、議会での評価が認定に至らなかった事になります。
矢野市長は、この不認定結果をしっかりと受け止め、改革が難しのであれば、引退をお考えいただきたい、そのように思います。

下記、私、辻村ともこが本会議上で行いました、平成22年度一般会計決算の不認定討論内容です。
皆さんにお知らせいたします。
引き続き、狛江を元気にする為に、皆様と同じ視点で頑張って参りたいと思います。
どうぞ宜しく応援頂けますようお願い申し上げます!
**************************************************

 日程第(8)認定第(1)号 平成22年度狛江市一般会計決算の認定について,意見を述べさせていただきます。
 平成22年度狛江市一般会計決算額は,歳入額で252億5,020万円余り,前年比4.9%増,歳出額で242億5,366万円余り,同じく3.7%増,実質収支額で9億7,369万円余りの黒字であり,単年度収支は3億8,641万円の黒字でした。
  行政の行財政改革の取り組みにおいて、狛江市および住民のくらしを真に繁栄発展させたいとの視点での取り組みがあったのか。旧態依然とした体制を脱却する意識改革、行動改革がなされていたのか、ここに視点を置きますと、目標達成及び取り組み時間の感覚、規制にとらわれず、新たな挑戦・改革への創造力、行動力の感覚が、地域住民とは非常にかけ離れたと言わざるをえず、組織改革の必要性が見られた事、甘さが見られた事を指摘させて頂きます。
 具体的にはまず、一点目に、収支均衡型財政の確立を目指す狛江市に当たり、歳出を抑え、歳入を確保するという基本的な役割を促進させるのは、人材です。市職員の皆様であります。歳出を抑える一番の方法は、まさに取り組みを行っている人材育成が必要です。モチベーション、やる気と実務能力の向上にあると考えます。基本計画にもありますが、人材育成について、研修等の取り組みをなさっているようですが、目標管理制度ない人事評価では、その効果は半減します。何においても、人事評価制度は、早期に設定をするべきものです。それが、狛江市においては最終的に試案がまとまり、給与への反映が取り組みから7年もかかると言います。一般企業であれば、その半分、いえ、もしかしたら、もっと早く施行が可能ではないでしょうか。時は金なりと申します。費用対効果を考え行動することは、公であろうと、民間であろうと変わりません。また、人は、素晴らしい経営者、そして経営マネージメントに出会う時、一様にこのように言うそうです。「認められたのでもっと頑張る気持ちがわいた。」と、改革の促進度合いは進むと言われます。狛江市の住民益、満足度を向上させる為には、第4次行財政改革にあたり、「職員の意欲と経営意識の向上」がうたわれていますが、住民の税金の使い方について、シビアに、常にコスト意識を持ち、行動をして頂かなくてはならないと言えます。時間についての感覚の甘さの改善、目標達成への意識向上の為の早急な人事評価制度制定の必要性を感じます。
 また、2点目に歳入確保について、アクションプランにおける行財政基盤確立の為の近況行動計画の効果額表をみましても、なされるべき組織、事業のスリム化も大切ですが、時代と共に、自治体も進化をしております。行財政改革に積極的な他区市町村自治体の決算書を見ますと、最近の傾向としましては、積極的に財源を作りだす施策、たとえば、広告事業なども取り入れられており、決算書へ広告項目がきちんと掲載されています。狛江市においては、若干の取り組みがなされていますが、まだまだ取り組みの余地があると思います。全庁舎上げての財源確保機会の創出を図るための職員の意識向上がまだ醸成されていないことは、狛江市の決算書における広告費の計上が、その他諸収入の部類に入り、項目でもその他と記され、その取組みに積極性が見られない事・関心が見られないところからもわかります。これでは、せっかくの歳入を延ばすチャンスを逃すことになり、残念です。先駆的な他区市町村を見習い、積極的な広告展開等、財源確保が必要だと思います。
また、平成21年度まで行っていた基金の運用に関しても、短期運用を復活させ、少しでも金利を稼ぐ事は、経営の視点からみれば、早急に取り組む必要があることは明白です。
 「原価概念のない自治体」などと言われないよう、取組みを行って頂きたいと思います。
このような経営マネジメント感覚に対し、取り組みの甘さ、課題の見られる行財政運営を行っている以上、収支均衡型財政への転換は、まだ努力が必要であるとの状況を鑑み、平成22年度決算を不認定といたします。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line