上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
平成24年9月28日
狛江市議会議員
狛江の未来と子供を守る会
辻村ともこ
陳情第22号「原発問題に関する陳情」について、討論します。
今回の陳情に関しては、理由文章の中では、賛同できるところも多くあります。
賛同できる理由として、第一の理由として、福島第一原子力発電所事故は、歴史上最悪の原子力事故の一つとなり、現在も、まだ完全に収束していない。この事故は、日本だけでなく、世界にも深刻な影響を与えている点です。第二の理由として、最も大きな問題は、安全規制、原子力政策への国民の信頼失墜は、その後のエネルギー政策に深刻な影響を与えている点です。第三の理由として、エネルギー・環境会議は、「原発に依存しない社会の一日も早い実現」を目指した「革新的エネルギー環境戦略」を発表しましたが、これは、原子力政策の180度転換を意味し、その実現には、「政策移行期間」が必要であり、核燃料リサイクル政策は、その典型という点で、今回の主旨の(2)に相当すると考えています。

「原発に依存しない社会」の実現は、必ずしも、原発ゼロを意味するものではないとの考えもあります。「原発に依存しない社会」の実現は、可逆的な政策として考えられ、不断の見直しが飛鳥と考えられることは当然であります。

脱原発が出来ないであろう理由としては、第一に、政策移行期間の核燃料サイクル政策は「再処理・直接処分併存政策」と捉え、その間になすべき課題としては、国際社会の関心に応えるためにも、まず、「プルトニウム利用計画が無い再処理はできない」という大原則を守る事とも言われています。

第二に、「六ヶ所再処理事業」について、ガラス固化技術の完成は必要であり、原子力委員会決定でも、併存場合は、「本格稼働に向けて操業すること」としていることです。その上で、稼働状況、プルトニウム利用計画、国際的視点等を考慮して、「総合的な評価を数年以内に実施する事」を原子力委員会決定は求めていることです。

第三に、「もんじゅ」を含めた高速増殖炉開発についても、原子力委員会決定は、「有効なチェック・アンド・レビュー」の実施体制の確立、国内の枠にこだわらず、国際協力を有効に活用する方法などを提案している点です。これらのほかに、使用済燃料貯蔵容量の確保、高レベル放射性廃棄物処理計画の見直し、原子力発電所を減少させていくうえでの人材確保、原子力賠償制度の改正など、多くの課題がある。

これらの政策の実現には、国際的視点が不可欠であり、特に核燃料サイクルについては、国際的視点を十分に配慮した政策が必要であり、国の責任をより明確化することが必要であります。

こういった現在、国の動向や、原子力委員会の見解、他学者等の研究発表を見るにつけ、今陳情の主旨であります、即脱原発の流れは、現実的に作りにくいことが分かります。

さらに、経済の側面から見ても、エネルギーの約3割を原発に依存している日本が、急激な脱原発を行うことで与えるエネルギーコストの急騰等は、国民を疲弊させ、苦しみを与えることになることは、間違えないと思われます。

私も、長期的には、原発からの卒業する必要があると考えますが、新エネルギー開発も、たとえば、メタンハイドレード等も、開発に20年を要することなどを考えますと、今すぐ、代替案無き脱原発は、難しいと考えます。

要旨(1)の「脱原発都市宣言」の要望については、狛江市住民全体の意向という意味となると、議会内議員の考えも様々あり、足並みがそろっていない中、検証無き「脱原発宣言都市宣言」を即行うのは、難しいのではないかと思います。

要旨(2)脱原発に資する取り組みの要望については、出来る事は、やっていくべきだと考え賛成をします。

理由の最後の文章にあります「狛江市、狛江市民の姿勢を明らかにして下さい。」という分は、全市民への確認を取る事なのか。これは、現実的に難しく、もう少し丁寧に精査する必要があり、このようなことを鑑みて、今回の陳情は、やむなく、反対を致します。

以上
スポンサーサイト

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
平成24年度第3回定例会一般質問辻村ともこ(議事録メモ)
すでに3回議会で質問をしております。今回は、前回要望したことが行われているか確認をし、
しっかりと対応していただいておりました。交通量調査の市独自実施は、住民安全安心の為、必要でした。
今後も。狛江市の為に頑張ります。完全無所属辻村ともこ


(仮称)ニトリ狛江ショッピングセンター問題について

【質問】
近隣住民及び市民等からの事業意見書の主な内容はどのようなものだったのか?
【答弁】
意見書57通が提出され、その主な意見は、営業時間の短縮、世田谷通りの交通の影響、建物規模の縮小、敷地境界から計画建物までの離隔距離の確保、駐車場のスロープの位置と形状、日影障害の低減、利用車両台数の削減、自動車の道路からの出入り口の位置、計画敷地西側の市道の使用禁止でございます。

【質問】
前回の一般質問で、私は、狛江市住民の安心安全な交通環境確保の為、そして、騒音含む住みやすい環境の確保の為、独自の交通量調査をお願いしました。
今回、17年ぶりに市全体の交通量調査及び大型店舗出店に伴う交通量調査が、今定例会にて可決しました。このことは、高く評価でき、同時に大変感謝をしております。

【質問】
そこで、予算額および、具体的に、(仮称)ニトリ狛江ショッピングセンター周辺地域での、交通量調査の位置はどこで実施するのか教えてください。
【答弁】
市内全体の主要交差点の交通量調査については、8,618,000円、当該事業地周辺の交通量調査については、2,417,000円の予算額を計上しております。
その中で、当該事業地に関連する部分の調査位置は、
世田谷通りは4箇所でございます。
1箇所目が、 東和泉一丁目5番先(狛江三叉路交差点)
2箇所目が、 岩戸南二丁目1番先(一の橋交差点)
3箇所目が、 岩戸南二丁目5番先(二の橋交差点)
4箇所目が、 岩戸南二丁目4番先(事業敷地前)
事業敷地周辺は4箇所でございます。
1箇所目が、 岩戸南二丁目2番先(一の橋交差点から南に向かい岩戸地域センター先のT字路)
2箇所目が、 岩戸南二丁目7番先(二の橋交差点から南に向かい突き当りのT字路)
3箇所目が、 岩戸北四丁目15番先(二の橋交差点から北に向かい慶岸寺幼稚園先のT字路)
4箇所目が、 岩戸北四丁目11番先(一の橋交差点から北に向かい交番の東側を通り、松葉通りとの交差点)
事業者が広域誘導として示している箇所として、
和泉本町一丁目1番先(狛江市役所前交差点)でございます。
計 9箇所でございます。
【質問】
ちょうど、出店予定地の周辺をぐるりと囲み、主なう回路となりそうな市道入り口を調査されることが分かりました。
では、交通量調査の内容はどの世になっているのでしょうか?
【答弁】
9箇所において、自動車を中心に測定いたします。調査内容といたしましては、大型車、小型貨物、乗用車、自動二輪の平日及び休日の営業時間に合わせた9:00~22:00の13時間連続調査を行います。その他、その結果に基づき、発生集中交通量推計や周辺影響評価を解析いたします。
【質問】
極めて、詳細にとることが分かりました。主要箇所は、すべて事業主が取られている調査個所と重なっていることが分かりました。
では、改めてこの交通量調査の目的をお伺いします。
【答弁】
交通量調査によって地域の状況や、地域交通の現況を把握・分析することにより、将来出店後においても地域の住環境維持に必要な対策を検討し、事業者に市として要望していく資料として作成するものでございます。

【質問】
では、今後、大店法の届け出が提出され、4か月間の間に各課要望がまとめられ、事業主に提出される流れでございますが、その期間中に、前回までに、事業主が提出した、交通量調査が本当に正しいのか、市独自の調査をし、事業主の交通量調査が正確なものなのか、を検証する必要があるかと存じます。
その検証については、どのようにお考えでしょうか?

【答弁】
今後、市といたしましても、事業者が実施した交通量調査データの妥当性を確認するため、別途、専門家のご意見を聞きたいと考えております。

【質問】
信号機の設置について、具体的に協議をしているか。
【答弁】
 警察には、これまでの事業者による説明会での意見の経過として相談はしていますが、計画敷地西側では信号を関連する市道の使用禁止という意見書も提出されていますので、今後の調整会の経過を注視しながら適切な対応を検討していきたいと考えております。


【質問】
前回の検証の3番目として、「営業時間」についてご質問させて頂きます。営業時間については、近隣住民からも、近隣店舗に合わせ、せめて21時にして頂きたいとの要望が出ています。市としても、すでにその要望は伝えてあるとのことでしたが、今後、どのように住民要望を伝え、進めていくのでしょうか?

【回答】
 営業時間についても、可能な限り近隣の要望に配慮していただきたいと考えております。今後の調整会の経過を注視しながら、対応を検討していきたいと考えております

【質問】
 大型店舗出店に伴い、地域貢献に関する狛江市からの要望はどのようにするのか

【市民生活部長答弁】
 現段階では、大規模小売店舗立地法の届出につきましては、「まちづくり条例」に基づく協定が締結されました後、提出されると建設環境部より聞いてございます。
事業者より、大規模小売店舗立地法第5条第1項の届出が東京都に対して提出されますと、同条第3項に基づき公告され、また同法第8条に基づき、当該公告の日から4ヶ月以内に意見書の提出を求める照会文書が東京都から市に来る予定でございます。
この意見照会がきました後に、商工会やニトリ近隣の町会等の地域団体が、どのような地域貢献活動を求めるか、市から照会した上で、これら回答を勘案して、「ニトリ狛江ショッピングセンター」に対する、市としての地域貢献活動要望として意見書を提出したいと考えてございます。



 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
平成24年度第3回定例会一般質問 辻村ともこ(概略メモ)
30年以上狛江の療育分野で、障害のある人も、ない人もともに生きる社会を目標としている国、狛江市でありますが、私は、法改正にて、どこにも居場所がなくなる人がでないよう、しっかりと質問、問題提起をさせて頂きました。専門生の高い分野ですが、読んでください。障害児、障碍者の皆様の為にも、一生懸命頑張ります。

2 地域デイグループ事業について(パート2)

【質問1】
平成23年度第2回定例会にて、狛江市の地域デイグループ事業について、一般質問にて、質問させて頂きました。その際、すべての施設が、法内移行に向けて動き出していますが、困難な状況があるとのことで、1年間法内移行準備期間が延期され、現在、いくつかの施設は、法内移行が決定しているが、どうしてもできない施設もあるとお聞きします。実際、希望のある全施設は法内移行できるめどだ経っているのでしょうか。 
狛江市地域デイグループ事業について、法改正状況の流れ及び、それに対する各施設の現
状を教えてください。

【回答】(福祉保健部長)
現在、障がい児(者)の療育を行っております地域デイグループは4団体5事業ございます。運営費等については都、市それぞれが負担をしております。国の制度改正もあり、本年4月には児童福祉法上の児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業に移行するように決められておりましたが、様々な理由から移行が困難なグループが26市には多かったため、市長会の要望もあり、東京都として、25年度の移行を条件に24年度までは認められている事業でございます。
現在、市内の地域デイグループ事業につきましては、1団体は今年の6月1日に放課後等デイサービスとして、法内移行が完了しております。また、2つの異なる団体は、放課後等デイサービスと児童発達支援の多機能型として、平成25年4月1日の法内移行を目指して準備を進めているところでございます。
しかし、2事業を行っている1団体は、事業の活動スペースの問題、事業の対象年齢階層から法内に適切な移行先がないというような理由から、現在も移行にむけて、東京都、及び市も含めて団体と協議をしているところでございます。

【質問2】
狛江市地域デイグループ事業の当市の補助、つまりバックアップ体制について、資金面等の援助、つまりハード面の援助と、法内施設への移行に当たっての国・都、そして、狛江市としての指導、援助活動について教えてください。

【回答】(福祉保健部長)
市としては運営費の一部、家賃分を市単独で補助をしております。法内移行にあたりましては、団体を集めての説明、また必要があれば、当事者保護者に対する説明を行っております。各団体の個別の相談に関しましては、担当が随時対応しているところでございます。移行の状況については、東京都に伺い、説明をしており、困難事案についても大変丁寧なアドバイスをいただいております。
現在、移行が困難な団体につきましては、8月に東京都の担当者が団体の実態を見学しに来ていただき、市とともに団体と協議を行い、移行に向けた助言等をいただいたところでございます。また、今月上旬にも再度、東京都の事業指定担当者がその団体を訪れ、移行に向けた協議をすることになっております。

そして、移行が難しい2事業を行っている1団体の補助額については、事業費補助金としては、24年度で、都補助8,680,000円(3分の2)市補助4,340,000円(3分の1)合計13,020,000円、家賃補助として、3,000,000円(市単独)となっております。

【質問3】
わかりました。現状は、1300万円を超える東京都の補助金と300万円の市単独の家賃補助が出ているということですね。ボランティアスタッフの方も、延べ人数1000人を超えるボランティアの方がお手伝いをされているとお聞きします。本当に施設を維持するには、大変な金額が必要なわけですね。

今後の法内移行が難しい団体に対しては、すでに1年間の延期もされております。平成25年度に入るまでに移行できない場合、対象者は非常に困る状況になると言えます。
現在、東京都職員の方と検討中とのことですが、万が一、法内移行が出来なかった場合、形態を変えるなどして、どうにか存続できるようにしなければなりません。

たとえば、障害者自立支援法上の地域生活支援事業である地域活動支援センターというものに移行は可能なのでしょうか。
また、基準が施設の広さ等、かなりきついとお聞きしています。その条件等を状況を見て、勘案する事等、可能なのでしょうか?

(福祉保健部長)
  先ほどもお答えいたしましたが、現在、その団体も移行に向けた準備を進めており、9月には再度、東京都と協議を行うことになっております。市としては、その動向を見つつ、移行に向けて団体そして市の双方が努力していくという方向に変わりはございません。しかし、移行が困難になってしまった場合はご質問者がおっしゃられたような選択肢もありうると考えております。

ありがとうございます。是非検討を頂きたいと思います。
  狛江の療育は、進んでいるのです。今回、狛江の施設がすべて、移行できるよう、移行できずに、行く先の無い障害児も障害者もそして、共に生きている健常者も狛江のまちで、共生しているすべての人が、安心して、楽しんで暮らせる町へ、必ず、対策を練り、見捨てないでいただきたいと思います。

第三次あいとぴあレインボープラン「障がいのある人とともに生きる狛江プラン」(狛江市障害者計画・障害福祉計画)では、基本理念に、「ともにつくる、障がいのある人もない人も、いきいきと安心して生活できるまち・狛江」を基本理念としています。その中にあります「育つ、学ぶ」には、市が行う事という項目に、「成人期の障害者が交流できる場の検討」とあります。
様々な検討課題がありますが、どうか、この先駆的な取り組みを、地域に根差し30年以上続けてきている施設もあるようです。
共生を目指す、狛江市のすばらしい宝として、残された療育施設を潰さずに、生かしていく道を模索検討していただきたいと要望を切に致しまして、質問を終えたいとおもいます。
よろしくお願い申しげます。



完全無所属
辻村ともこ

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
本日は、午前9時より一般質問の為、登壇いたしました。
狛江の未来と子供を守るため、教育、障害者、地元大型店舗出展に​関し質問致しました。
まずは、一問ずつ速報を記述させていただきます。(即時メモです完全ではありません。ご了承下さい)
本会議発言検索は、3か月後の議会HPより検索ください。
よろしくお願い申し上げます。

全力で頑張ります!
皆様の今日一日も、素晴らしい一日となりますように!


平成24年第3回定例市議会一般質問(辻村議員)―いじめ
2012.9.5 報道機関によれば、今年7月におきました大津市の『いじめ自殺事件』等を受け、平野博文文科相は、いじめ問題への対策を強化する総合的な取り組み方針を発表しました。学校や児童生徒を支援する専門家組織を全国200地域に設置することなど、国と学校現場の連携強化が柱で、本年度比約27億円増の約73億円を来年度予算の概算要求に盛り込む内容です。

 平野博文文科相は会見し「国が先頭に立ち、いじめ問題に取り組む環境整備を進めることが必要だ」と述べた。取り組み方針では、これまでの文科省のいじめ対策が、学校や教育委員会への「現場任せ」などと批判されたことを受け、現場との連携強化を打ち出しました。
 具体的には、全国200地域で、いじめ問題に精通する弁護士や元警察官ら外部人材を活用し、学校をサポートする支援チームや第三者機関を設置することや 大学教授ら専門家を「いじめ問題アドバイザー」として委嘱し助言を求めるほか、重大事案については現地に派遣する。スクールカウンセラーを増員し公立中は全校、公立小は65%に配置。ソーシャルワーカーも約2200人に倍増するというものです。
 平成23年第2回定例会で、私はいじめ撲滅をテーマに、狛江市のいじめの現状と、対策について質問をさせて頂きましたが、それから1年3か月が過ぎ、痛ましい事件発覚を夏休み中に聞いた保護者、児童生徒に対し、どのような対応をされているのか、質問をさせて頂きたいと思います。
【質問1】
まず、最初に、大津市の事件以降、いじめ問題に関する狛江市の取り組みについて、教えてください。
①現状について
②今後の取り組みについて
 
【答弁】
① 狛江市の学校におけるいじめの現状ですが、都教委からの通知をもとに7月に行った「いじめの実態把握のための緊急調査」によれば、調査時点でいじめと認知した件数は小学校で3件、中学校で17件の報告があがってきました。またいじめの疑いがあると思われる件数は、小学校で32件、中学校で5件の報告を受けました。これ等全ての案件については教員等が管理職の指示のもと状況把握を含め対応を図っています。
 教員等が当事者から事実確認等を行い、いじめに該当する行為等については適切な指導を行い、謝罪をさせたり、必要があると判断した場合は保護者に状況等について連絡をしたりしました。今回の調査では特段の対応を求められる重大案件の報告はありませんでした。

②今回の緊急調査を実施するに際し、教育委員会は各学校に対して6月に実施したQ-Uアンケートの結果を活用するよう指示しました。
具体的には「いごこちのよいクラスにするアンケート」の被侵害行為の有無を聞く設問、例えば「あなたはクラスの人にいやなことを言われたり、からかわれたりして、つらい思いをすることがありますか」等の6項目程度に、「よくある」「少しある」と回答していた児童・生徒をピックアップするとともに、面談などを実施し、聞き取りを行うなどして調査に回答するよう指示をしました。
今後も「いじめはどの子どもにも、どの学校にも起こり得る」との前提のもと、いじめは絶対に許さないという認識をもって、全教職員一丸となって問題解決に取り組むとともに、早稲田大学との連携を強化して教員研修を充実させたり、スクールカウンセラーや専門教育相談員との連携を密にしたりして、いじめへの早期発見・早期対応を図っていきます。
さらに今般のいじめの問題に対する学校対応についても、始業式や児童・生徒集会、学年集会、学級活動等の機会を活用するなどして、「いじめは人間として絶対に許されない行為」であることを徹底指導するとともにいじめ問題に対する学校の対処方針や姿勢、例えば「いじめられている児童・生徒については、学校が徹底して守り通す」等を保護者・地域に対しても示し続けていきます。

【質問】
ありがとうございます。では、今回の事件後、もともと狛江市で行っている年二回のQ-Uアンケート結果を利用し、都教委からの詳細ないじめ緊急アンケートに答え、その結果、即必要と思われる児童生徒に対しては、面談、対応策を講じたということですね。非常に俊敏かつ具体的で良いと思います。
夏休み明けの学校を回らせて頂くと、夏休み明けの最初の校長先生のあいさつや、学校によっては、休み明け通信欄に、いじめ問題を取り上げるなどしている学校もあり、工夫してメッセージを伝えていることが分かりました。

しかし、ここで気になることがあります。
大津市のの事件では、現場教師→教頭先生→校長先生→教育委員会事務局→教育委員会と上位にいくほど、露骨な隠蔽が行われていました。8月になって、ようやく取材に応じた大津市の教育委員長の「隠れていたわけではない」というコメントが物語るように、教育委員長の動きの遅さ、具体的対応策のなさは、怠慢という形で、メディアに露出され、教育委員長としての役割とはなんなのか、寄り添う気持ちがあるのか等、全国の教育委員長の存在自体を、問題視するきっかけとなりました。
では、狛江市教育委員長は、その後どのような対策をされたのでしょうか?
また、全校回られたのでしょうか?

【答弁】
 7月以来いじめ問題が大きく報じられるようになり、8月、9月の定例教育委員会でも委員長が自ら話題に取り上げ、狛江の現状を確認するとともにリーダーシップをもって私ども事務局に対して、「いじめは絶対に許されるこういではない。いじめを許さない学校づくりに努めるよう」指導の徹底を強調されました。また質問の中にもありましたいじめ問題への具体策については、狛江市がこれまで取り組んできたスクールカウンセラーや専門教育相談員の学校派遣やスクールソーシャルワーカーの積極的活用など、学校支援の様々な取り組みを一層充実させるよう指示されました。
 これら教育委員会での論議を踏まえ、事務局は各学校に対していじめ問題に毅然と取り組むよう、指導・助言しているところです。また、教育委員全員で夏季休業前の7月17日に中学校を1校訪問いたしましたが、2学期以降も、学校訪問を行う予定でおります。

具体的な指示があったとのことです。しかし、教育委員長以下レイマンコントロールということで、非常勤体制と全国的になっておりますが、かえって、非常勤だからゆえ、市教育委員会事務局がほとんどを仕切るようになり、なかなか積極的な教育委員会の具体的な問題提起が出来ていないのではないかと、思われます。
今回のような、時代の変化による家族構成や、地域構成等の変化も背景にあるといわれる、全国を震撼させた、陰湿ないじめ自殺事件のようなことが起こり、学校も、保護者も動揺し、各校の体制の確認、見直しが求められる中、いじめの事件ばかりではありませんが、やはり、教育委員長以下委員は、足で、学校に行き、先生と話、教室を回り、生徒の様子を見て、独自の見解を提示し、しっかりとした提言をしていく必要性はあるのではないかと、私は思います。
特に、狛江市は、巨大都市に比べ本当に、目の行き届く小学校6校中学校4校の合計10校でございます。
中学校1校へ行き、ご指示を頂き、これから他校も回る予定、とのことでしたが、もう少し、現場を「自ら」見て回り、俊敏かつ、きめ細やかな対応を、教育委員長を始めとした委員の皆様へは、求めてゆきたいと思います。
教育委員長、委員が学校へ行かれるというだけでも、先生方は、背筋が伸びるのではないでしょうか?そして、褒められることによって、教員も成長する機会を得るのではないでしょうか?

狛江市の学校教育の質の向上の為、教育委員長、委員の皆様にも、今まで以上に、現場に寄り添い、具体的に動いて頂き、全力で取り組んでいただきたいと要望させて頂きます。よろしくお願い申しあげます。

(2)Q-Uアンケートに関する狛江市の教育現場の取り組みについて

【質問】
① さて、先ほど、Q-Uアンケートの活用方法について、お話がでました。
私も、各学校どのように使われているのか、小学校、中学校と回ってきました。本年度各市内の学校では、小学校3年生から中学校3年生までの児童・生徒に対して6月頃と12月頃の年2回、Q-Uアンケートを実施しえおり、
 6月頃に実施したQ-Uアンケートについては、その結果が各学校に返却されています。各学校では夏季休業などを活用してアンケート結果を分析し、児童・生徒の「学習意欲」や「所属の満足感」を高める取組を始めているということです。
 市教委ではアンケートを開発した河村教授を講師に招き、校長をはじめとする管理職研修を実施したり、各学校のプロジェクトのリーダーとなる教員を集め、分析・活用のための専門的な研修を実施しし、また早稲田大学の博士課程の大学院生が各校を巡回し、アンケート結果をもとにしたアセスメントも実施して、児童・生徒にとって安心できるいごこちのよい集団づくりにとりかかっているということです。このように具体的にQ―Uアンケートの結果を、より効果のでるよう活用するために、取り組まれていることは、全国で、300万人が使っている図書文化社発行のQ-Uアンケートですが、狛江市の取り組みはもっとも具体的に動かれている取り組みの一つとお聞きし、高く評価できると思いました。
市内各学校の先生方の反応もよく、ある先生は、「一クラスだけでなく、学級全体の傾向性や雰囲気を捉えることができ、授業等プログラムの組み立て方に、有効に役立てている」とおっしゃり、ある先生は、「去年は結果のみだが、今年はさらに分析をかけより、生徒に寄り添い指導を深めたい」と、積極的な授業運営に活用されている感想を話されていたことからも、教員にも受け入れられ、活用されていることが分かります。
そこで一点、気になることがあります。
それは、現在、狛江市では普通の「Q-Uアンケート」を使用されています。しかし、より教師と児童生徒の関わりを深く分析し、学校生活を積極的にすごし、かつ、自己成長を促すきっかけつくりの為には、今より詳細な分析と、個人へのフィードバックができる、「ハイパーQ-Uアンケート」というもの検討はされていないのかということです。
現在行われている教育をより良くするために、導入の検討はいかがなものでしょうか。これらにおいては、各学校校長先生方からも、同様に、導入への期待の声をお聞きしております。

現状の改善点はないのでしょうか?「ハイパーQ―Uアンケート」について、どのようにお考えかお聞かせください。


【答弁】
 現在のQ-Uアンケートは、現在の学級の状態を把握する「学級満足度尺度」や学級全体の「学校生活意欲プロフィール」という集団全体にかかわる結果が返却されますが、児童・生徒一人一人の個票として個人が活用できるものではありません。児童・生徒一人一人に学校生活を振り返らせ、より充実した学校生活を送ることができるようにするためには、集団形成に必要な人間関係を営むスキルが児童生徒一人一人にどの程度身に付いているかという視点を含めた、より多角的な情報を還元する必要があると考えますし、そのことを実現できるハイパーQ-Uの実施と活用が各学校からも期待されています。

【質問】
やはりそうですか。
高橋市長へお願いです。どうか「ハイパーQ-Uアンケート」の導入について、一部、現行300円の「Q-Uアンケート」を、一部420円の「ハイパーQ-Uアンケート」導入へ是非前向きに検討をお願いしたいと存じますが、ご検討いただけますでしょうか?

【答弁】(市長)





(3)教員の資質向上推進のための施策について
【質問】
① 現状の取り組みを教えてください。

【答弁】
児童・生徒の教育に直接かかわる教員の資質が、児童・生徒に多大な影響を与えることは言うまでもありません。市内学校の教員は自らの立場と使命を自覚し研修に努めていますが、市教委も計画的・体系的に研修プログラムを作成し、教員の資質向上の一翼を担っています。
今年度は、年間を通じて職層研修を実施しています。校長研修をはじめ、管理職研修、10年経験者研修、1年次から3年次の若手教員研修等でそれぞれの経験や職に求められる資質の向上や教育課題解決に向けた研修を実施しています。
また夏季休業には、近隣の市と合同で教科指導の研修を企画し、国語や数学、体育といった教科における指導法等について研修を実施しました。
さらに人権教育研修については年4回実施し、教育活動推進の前提としての人格の尊重、思いやりの心や規範意識等の醸成を図るとともに「女性」や「外国人」といった人権10課題についても研修を行いました。特に今年度は、狛江市の一日研修で横田夫妻を講師に招き、拉致問題についての研修を実施しました。

【質問】
ありがとうございます。平成24年第一回定例会本会議一般質問にて、北朝鮮拉致問題については、国、東京都教育委員会から、「家族愛」を教える副教材の提供がありましたが、狛江市では、全国でも珍しい使用率ゼロという、驚くべき結果でることを調査し、問題提起を致しました。教育長より今後前向きに改善検討するというお答えを頂いていたところ、このように当該年度にご対応いただき、また、先日、4階チラシラックにも、政府直轄の拉致問題代作本部からのチラシが設置されました。感謝申し上げます。より家族愛への意識が高まり、感謝の気持ちをもって、良い家庭を築くことのできる子供たちが多く輩出されることを期待します。

② 問題点
さて、教師の皆様の受ける研修ですが、その参加率等も、やる気や向上心を見る判断材料になるのではないでしょうか?
ベテランの先生も、新人の先生も、しっかりと研修には向き合っていただき、使命感をもって、常にモチベーションを高めて頂けるよう、お願いしたいところです。一部では、ベテランの先生の研修参加率が低い地域等もあるようです。
教員の質を上げる取り組みの問題点をおしえてください。

【答弁】
 教員の資質向上は、研修を受けたからと言いって直ぐに成果が表れるものではありません。教員の真摯な姿勢とたゆみない努力によって、はじめて成果として表れるものであり、一人一人の教員の職責に対する自覚こそが重要であると考えます。様々な機会を活用し、教員が自らの職に対する使命感を持ち続けるよう教委としての支援を行っていきたいと考えています。
 ただ現実には目の前の課題を処理することに追われ、研修に参加することがままならない場合があります。教員が子どもと向き合う時間の確保とともに研修に参加できる時間の確保や条件整備を図っていきたいと考えます。
 またOJTによって、日常の教育活動が自身の資質向上につながる工夫を図っていく必要があると考えます。


【質問】
ありがとうございます。教員全員が使命感をお持ちになり、いつまでも、学ぶ姿勢と、それを仲間と共有し、より良い指導体制が確立されることを望みます。
いじめ対策においても、先生方の中で、情報が遅れている、今までのやり方が一番といって、頑固に見直さず、質向上を妨げる事の無いよう、徹底した取り組みをお願いしたいと思います。


③ 今後の課題として、いじめ問題を始めとし、学校では、まず児童生徒にいかに魅力的な授業を展開し、学業に集中してもらうかも、一つの様々な問題の解決方法と言われています。今後、教員の質向上への取り組みを教えてください

【答弁】
 市教委は、子ども一人一人のニーズを的確に把握し、きめ細かな指導の実施をベースにQ-Uアンケートを実施し、教育活動の対象となる学級集団の質を高める取り組みを行っています。さらにICT機器の有効活用で、魅力ある授業を創造し、結果学力を向上させる施策展開をしています。
 今後は教員一人一人の経験と職責に求められる資質の向上を図るとともに、市教委施策の具現化に向けた研修をさらに充実させていく必要があります。
 具体的には、①発達障害の理解とそれへの具体的対応、②Q-Uアンケートの分析と活用力、③電子黒板、書画カメラに加え、タブレットパソコンを活用した授業を実施する力が求められます。
 今年度に引き続き、次年度も教育施策が確実に成果として表れるための教員研修を企画立案していきます。


では、ここで、平成23年度第2回定例会でも、ご提案させて頂きましたが、いじめ防止条例について、海外の成功事例を基に、ご提案させて頂きたいと思います。まず、いじめ問題に、先駆的な取り組みをしているというアメリカの事例をご紹介します。
(4)いじめ防止条例
アメリカでは、「反いじめ法」という法律を、全米94%にあたる47州が制定しています。
制定のへのきっかけは、銃乱射事件(コロンバイン、バークレー) 犯人が、「いじめ被害者」でした。

以下「アメリカ合衆国におけるいじめ防止対応―連邦によるアプローチと州の反いじめ法制定の動き― 井樋三枝子」より引用し、ご紹介します。

特徴

1. 学校の安全が保障される必要があることを法律で明確化した

2. 州の教育省が反いじめ指針やいじめ防止計画のモデルを作成する

3. 各学校区に自らいじめ防止指針やいじめ防止計画を策定報告を義務付ける



「いじめ警察USA」 の提示している11の基準

① 条文上に必ず「いじめ(bullying)」という用語を用いること。

② 学校安全法ではなく、明確に反いじめ法(いじめ防止法)とすること。

③ 法においていじめと嫌がらせについての定義を行うこと。

④ いじめ防止指針等の策定に関して、規定すべき内容や策定方法を明確に規定すること。

⑤ 規則や指針、その他の具体的な反いじめプログラムの策定及びその実施にあたっては、州教育委員会、学校区、学校、親、生徒、専門家が皆で関与し、共同して行うよう規定すること。

⑥ いじめ防止プログラムやいじめ防止指針は強制力を有するものとして規定すること。

⑦ 各学校区等のいじめ防止指針策定にあたっては、そのデッドラインを設けること。

⑧ いじめ加害者による復讐、報復や、虚偽の申立てに対して、いじめ被害者を保護する規定を置くこと。

⑨ 学校区がいじめ防止指針を誠実に履行した場合には、教師、学校、学校区はいじめ発生に関して免責されること。逆に、指針履行に関して誠実でなかった場合には、当然、親や生徒は、学校区等を訴える権限を有すること。

⑩ いじめ被害者対応について明確に言及すること。カウンセリング、セラピー等を提供する場合にも、いじめ被害者に対し、最も優先的になされるよう規定すること。

⑪いじめ防止指針等の実績やいじめ発生情報等についての報告を、学校区が州議会と州教育委員長に対して行うことを義務付けること。

以上の11項目に加えて、サイバーいじめ(cyberbullying:コンピュータや携帯等デジタル機器、ネットワークを用いたいじめ)への対策をいじめ防止法に盛り込むことも主張している。
   

地域ぐるみで、いじめは犯罪だという認識を生むプログラムを持ち、また、抑止力として取り組んでいることが特徴です。手法としては、道徳教育プログラムの中に、いじめ抑止を目的とした科目を入れました。それが、効果があると認められ、ほぼ全米に広まったといいます。この「反いじめ法」を日本では、「いじめ防止条例」として小野市が制定を済ませ、現在、埼玉県、大津市、可児市が同条例の制定準備に入っています。

特に、可児市は30日、「市子どものいじめの防止に関する条例」案を9月3日に開会する市議会定例会に提出する、と発表しました。市や学校、保護者などの責務を定めたほか、専門家による第三者委員会を常設するそうです。
同市では、2010年夏に市内の中学校でいじめが表面化。昨年4月から8月にかけ、いじめ防止第三者機関の設置や役割、構成について有識者や市民らが検討し、今年5月に、弁護士や臨床心理士ら第三者の専門家4人が参加した、いじめ防止専門委員会が発足。事務局は市長部局の市民部人づくり文化課内に置かれ、すでに相談を受け付けているといいます。評論家の尾木直樹さん通称尾木ママも特別顧問として入り、保護者向け講演会等積極的に活動しているといいます。
可児市のコメントとして、条例は、子どもが安心して生活し学ぶ環境をつくるため、いじめ防止についての理念を示すとともに、問題解決のためさまざまな活動に取り組む同委員会に権限を与えるため制定したとおっしゃっていました。

そして、東京管内では今月5日、品川区の教育委員会が、いじめを繰り返す児童生徒を出席停止にできる制度を区立の小中学校で積極的に運用することを決め、5日、ほぼ全員に当たる1200人余りの教員を集めて出席停止の要件や手続きについて説明しました。
品川区教育委員会の若月秀夫教育長が「出席停止はいじめる側への抑止力として期待したい」と述べました。
出席停止の措置は、区立の小中学校が対象で、いじめで精神的な苦痛を与えたり暴力行為や授業を妨げる行為をしたりした児童生徒の出席を停止します。
出席停止にするかどうかは、いじめた側の保護者からも話を聞いたうえで教育委員会が決め、期間はいじめの内容によって判断しますが、長い期間にはしないとしています。
実際に市内の校長先生とお話しさせて頂き、条例について、お考えをお聞きしましたが、ある先生は、出席停止処分は、実行するまでにかなりのハードルがある。現実的には、学校の一室で、別室での個別指導が良いのではという声もあります。また、出席停止は義務教育の権利を奪うことにもなるという指摘もありますが、品川区教育委員会は、この制度でいじめに苦しむ児童生徒を守るほか、いじめをなくす対策の1つにしたいとしています。

そこで、狛江市では、前回いじめ防止条例について、教育委員会、小中学校校長会等で、いじめ防止条例の要望等出ていますでしょうか?

【答弁】
教育委員会に対して条例制定の要望は出ていませんし、小中学校長会からもそのような要望はあがってきてはいません。しかしながらいじめ問題は極めて深刻で重大な人権問題であり、繰り返しになりますが狛江市の学校においては「いじめはどの子どもにも、どの学校にも起こり得る」との前提のもと、いじめは絶対に許さないという認識をもって、全教職員一丸となって問題解決に取り組んでいきます。
さらに今般のいじめの問題に対する学校対応についても、始業式や児童・生徒集会、学年集会、学級活動等の機会を活用するなどして、「いじめは人間として絶対に許されない行為」であることを徹底指導するとともにいじめ問題に対する学校の対処方針や姿勢、例えば「いじめられている児童・生徒については、学校が徹底して守り通す」等を保護者・地域に対しても示し続けていきます。


【最後に】
現在、狛江市では大きないじめ問題もなく、条例制定までの気運は高まっていないとのことでした。
しかし、現代の陰湿ないじめは犯罪です。
絶対に、物事を解決するときに、「いじめ」で解決する事は、いけないと伝えなくてはなりません。同時に、自分がされたら嫌なことに対する、想像力をもったり、また、何かされた際に、そのされたことをまともに受けずに、受け流す解釈力を持つ必要もあると思います。

ある狛江市立中学校校長先生がこう話されていました。
「いじめを即自殺に追い込むものだといい、教師、親がその原因は何かとすぐに手をだし、加害者を反省させ、原因を取り除こうとするが、本当にその対処法が、人間力を育むことになるのか?本来、教師は、生徒に寄り添い、一緒に問題解決の道を模索し、自助努力、問題解釈力を磨き、自己の力で対話し、乗り越えることをサポートする事こそ、まず、いじめの初期段階でする事ではないか?」
私は、この先生のお言葉に感動しました。
いじめについての対処法は、初期において、過激なものにおいて、継続的なものにおいて、等、それぞれに判断をしなければならないと思います。
それら様々な要因を掴むために、Q-Uアンケートの活用が、有効だとされ、現在実施されています。そのQ-Uアンケートのより詳しい分析と、個人へのフィードバックがなされるよう要望をさせて頂くとともに、地域全体で、いじめをなくそうとする気運こそ、昔のおせっかいおばさん、げんこつおじさんの復活の足掛かりとなり、核家族化の弊害を補う施策だと思っております。
高橋市長には、いじめ防止条例制定につきましても、引き続き研究、検討を視野に入れて頂きながら、まずは、本日お願いいたしましたハイパーQ―Uアンケート導入をはじめとしました要望について進めて頂きたいとお願いを申し上げ、質問を終わります。





完全無所属
辻村ともこ拝

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
平成24年度第3回定例会が開催されています。本日は、一般質問をいたしました。
その内容詳細は、別途次に配信させていただきますが、一日が終わり、今日の感想を書かせていただきます。

『少しでも、誰かの役に立ちたい。』その想いを純粋​化させればさせるほど、燃えるものがあると思います。国民運動や​、自分の信念で、純粋な活動に、よこしまなものを持ち込んではい​けないと思うのです。それは、最高の力を発揮できなくさせるから​と、直感で動くことも多い私は、そう思っています。無論客観的な​判断は必要です。しかし、自分の中で、自分と戦うとき、どうして​も、その純粋性を大事にしたいと思ってしまいます。先日、私が判​断する時には、「利他」の思いがあるかどうかが判断基準とお話し​ました。
私は、やっぱり、いろいろな誘惑があるが、いつも、純粋にまっす​ぐ判断をして、一生懸命、自分の人生を生き切りたいと思います。​皆様はいかがでしょうか?

どうか、そのような、もしかしたら、不器用かもしれませんが、一​生懸命道を拓こうとしている辻村ともこを応援して頂けましたら幸​いです。今日も、明日も頑張ります!日本、狛江の未来と次世代を​担う子供の未来の為に、結果の出せる市議会議員として、同じ方向​性を向く議員と共に、しっかりと進めてゆきたいと思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

完全無所属
辻村ともこ

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。