みなさん どのように思われますか?日本政策センターより転載

☆☆「女性宮家」論議に潜む大問題☆☆

 11月25日の読売新聞が、「羽毛田宮内庁長官が政府に女性宮家創設の検討
を要請した」と報じて以来、「女性宮家」について各新聞の論議が始まっている。

 「女性宮家」の創設は、女性皇族が結婚しても皇籍を離れなくてもよいように
皇室典範を改正し、皇族の減少を防ごうという目的だとされている。将来、現在
の皇位継承者が皇位にお即きになられた際、天皇陛下のご公務をお支えする皇族
があまりに少ないのは問題があるから、というのである。

 しかし、女性皇族がご結婚され「女性宮家」を創設された場合、その宮家とは
いかなる宮家となるのだろうか。とりわけ、その宮家の次世代が皇位継承権を持
つのかどうかは大問題となる。

 もし、皇位継承と無関係な宮家を創るというのであれば、現在の皇族とは別の
種類の皇族を作ることとなるが、そうしたことが果たして可能なのだろうか。

 一方、女性宮家の次世代が皇位継承権者となるというのであれば、女性宮家創
設は「女系天皇」への道をひらくこととなる。

 女性宮家創設が安定した皇位継承に寄与することが(仮に百歩譲って)もしあ
るとすれば、女性皇族が皇統につながる男系の子孫とご結婚されて「女性宮家」
が創設され、その次世代の方が皇位継承権者となられる、という場合だけではあ
るまいか(むろん、このこと自体を認めるのかどうか議論しなければならないが
)。

 そうした意味で、「女性宮家」創設の論議が、「男系」継承維持の改めての確
認なしに進められるとしたら、将来の「女系天皇」容認の布石ともなりかねない
危うさを含んでいる。「女性宮家」創設には大きな問題がひそんでいる。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line

日比谷公園は、出光興産に勤めていた時に、良く来ました。

公園の緑豊かな、清々しい空気は、気分をフレッシュするには、とても気持ちが良いです。

1903年創業の「松本楼」は、今日も満席でした。

 

日本と狛江の未来と子供を守る為、頑張ってまいります!
下記クリックの応援をよろしくお願い申し上げます!
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
line
line
この選挙 Webサイト制作 /

line
プロフィール

辻村ともこ

狛江市議会議員
辻村ともこ公式サイトはこちら

line
Facebook
Facebookで毎日の活動などアップしています。是非ご覧ください!
line
最新記事
line
カテゴリ
line
狛江市
line
ツイッター
line
Link
line
sub_line